KT88pp 制作奮戦記その22019年12月06日 21時23分03秒

まだエージンが始まったばかりなので、本領発揮はまだ先。調整中に故あって KT88を2本を壊してしまい、一週間前に新たに1ペア購入したばかりなので、それもあってエージングには余計時間がかかる。

写真はKT88のプレート電流を調整しているところ。回路図でおわかりの通り、初段と終段は直結である。半導体は温度の影響を受けやすく特性が無視できないほど変化する。そのためアイドリング電流は結構変動する。これをいかに小さくするかが今回の課題の一つになった。とにかく実用範囲には収めたつもりだが、、安全を考えるなら直結は止めた方が良いというのが正直な感想。

次に矩形波入力時の出力。f=10KHz, 負荷は8Ω。
-3dBポイントは29KHz。NFBをかけているのに、高域が伸びないのは明らかに出力トランスの影響である。
NFBをはずして初段だけの周波数特性を測定すると、200KHzを超えている。これはプローブの容量(18.5pF)の影響を受けた結果なので、実際はもっと高いだろう。
負帰還をかけているので位相補償が必要と思っていたが、補償なしでもリンギングが見えない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://john.asablo.jp/blog/2019/12/06/9186023/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。