M国への旅2018年07月09日 13時33分20秒

M国は中国の北にあって、日本では大相撲の力士を輩出しているところとして知られている。今回、仕事がらみで13日間の旅をしてきた。

首都のU市は標高1300mの高地にある。高いところは慣れているつもりだったが、最初の数日はなんとなく呼吸に違和感を感じた。そのうち気にならなくなった。現地に長く滞在している日本人の話によれば、帰国するたびに受ける健康診断ではヘモグロビンの数値が高く出るのだそうだ。スポーツ選手が高地トレーニングする理由がここにある。

写真は、U市から西に車で6時間ほどのところにある、かつてのM帝国の首都Хархорин(キリル文字表記)に向かう途中で遭遇した羊の群れ。どこにも柵がないので、自由に道路を横断していた。ヨーロッパの自転車レースでもときどき羊や牛の群れが道路を横断して選手を悩ませるシーンを見かける。家畜は柵の中、という概念で育った者には新鮮な光景である。
これは余談だが、柵から飛び出した馬がレース中の自転車と一緒に全速力で走るのをYouTubeで見たときにはのけぞってしまった。選手もさぞかし目を疑ったことだろう。

この道路を走っていると、かつての西部劇映画を思い起こさせる。草原の中に突然酒場町が道路沿いに現れ、店の前には馬がつながれている。そこを過ぎるとまた何時間もまっすぐな道路が延々と延びていく。かつて、この道を通って東西の文化が交流したのだろうと思うと、頭の中だけにしかなかったアジアの世界史が、急に身体感覚をともなって実感されてくる。

長い話を短くして、帰りに起こった出来事をひとつ。
予定ではU市から北京経由で羽田へ、そこから千歳に向かう計画だった。北京まで順調。そこで飛行機を乗り継いで羽田に向かおうとしたら、天候不順のため出発が1時間30分遅延した。ところが羽田での乗り継ぎ時間を2時間しかとっていなかったことからトラブルが発生。予定の飛行機に乗れなくなった。最悪なのはそれが最終便だったこと。急遽羽田で足止めされることに。付近のホテルはすべて満室。空港で雑魚寝を強いられることに。何年ぶりかの経験。M国ではそれほど疲れを感じなかったが、これでどっと疲労感が増してしまった。翌朝、13日ぶりに我が家に到着したときはほっとした。

さて、M国滞在によって身体がどんな影響を受けたか、興味津々である。これまで血液検査をするたびにヘモグロビンの数値が下限ギリギリの貧血体質が気になっていた。高地滞在の効果によって、速く走れるようになるのか。その記事はまた次のコラムで。

Circlotron2 進捗状況2018年06月25日 19時19分41秒

次に取りかかったのが、まな板の成形。ステンレス製のシャーシを加工するよりも、内蔵型木製シャーシにしたほうがずっと加工が楽になる。
出力段のトロイダルトランスは4個。一つずつはそれほど大きくないが四個ともなるとスペースは馬鹿にならない。結局、二段重ねにした。ただし、直接重ねると結合が生じると言われているので、板で二階建ての構造を作った。仮置きしてみると結構サマになっているかな。

中華ライト改造またもや2018年06月25日 19時07分12秒

前回の改造でもうトラブルは起きないと自信があった。ところが数日後にトラブル発生。

走っているうちに、最初はいつもの明るさなのに急に暗くなるという症状。たたいたり、スイッチを何度も押してみたりしても症状は改善しない。

ダメ元で、LED基板を押さえているアルミ製リングを少しいじったら、元の明るさに戻った。「おや?どうして」てっきりどこかの接触不良かと疑っていたけれど、ちがうらしい。最初戸惑った末に「もしかして」となった。

原因は接触不良ではなく、LEDの端子とLED基板を押さえているアルミ製リングが接触して、回路としてはLEDと並列に低い値の抵抗が挿入された形になっていたのではないか。本当にアバウトな設計と製造なので、こんなことが起こる。やれやれ。

対策は簡単である。ポリイミドテープの写真のようにアルミ製リングの裏面に貼り付けて接触を回避するようにした。
対策してからリングを元通りに締め付ける。リングついた大きな傷跡が、これまでの格闘ぶりを象徴している。
対策してからは不具合は発生していない。本当にこれで最後にしてもらいたい。

手稲山へ2018年06月25日 17時30分31秒

 明日から珍しく海外出張。一人旅なら何があっても自己責任で済ますことができるが、今回はあるグループの責任を担う立場で行くため、旅行前に自転車事故に遭えば広範囲の方々に迷惑が及ぶ。妻からも袖をつかまれながら「行かないで」と懇願されたので、今日は近場の手稲山に向かうことにした。

関東地方は猛暑日になったと言って騒いでいるのに、当地は恐ろしく寒い。最高気温16℃。出発時点では13℃程度だったはず。アームウオーマーは必携で、それでも鼻水が絶え間なく流れた。

いつものようにいったん、銭函三丁目付近まで走ってウォーミングアップ。西風が強いので前に進まない。Uターンしたら驚くほど速度が上がる。

手稲山登り口交差点で信号待ちしていたら、札幌方向から一台のローディがやってきた。お若い方にお見受けしたので、私より速いに違いない。こちらは息を整えるために交差点角で数分停止して、後から追いかけることにした。

心拍数を上げないようにセーブしながら最初の急坂を越えていく。手稲橋の手前まで来たあたりで、前方に先ほどのローディを発見。後ろに追いついたら、お相手はこちらに気がついていったん速度を上げた。ところがその後が続かず、すぐに追いついてしまった。横に並んで挨拶をして前に出る。

こんなふうにして調子は良いように思っていたのに、ゴルフハウス前までのラップタイムを見たら21分ちょうど。ガックリ、遅すぎ。

その後は、それほど苦しまずに登ることができたのは良かったとしても、結局前半のスローペースが災いしてリザルトは35分20秒。もう少し頑張れば35分を切れたのに、なんとも微妙なタイム。

もう少し気温が高かったらもっと良い結果になっていたのでは、と適任転嫁して下りへ。

国道に出たら追い風が強く、ぐんぐん速度が上がる。汗がほとんど出ないまま自宅にフィニッシュした。

小林峠の夕練で再会2018年06月20日 22時38分31秒

18日の朝里一周でベストタイムを出した余勢を駆って、翌19日の夕方、早めに仕事を切り上げて小林峠に向かった。風は8m/secで、かなり強い。それも向かい風とくるので、トレーニングには絶好である。

福井のあたりまで来たら、前方にローディを発見。あちらも向かい風で難儀している様子。実力としては同じくらいと踏んだ。追い越してもぴたりとつかれて苦労することが目に見えているので、少し距離をあけながらついて行くことにした。

トンネル手前で右折し旧道に入る。登りの途中で横に並ぶ。声をかけてお顔を拝見してびっくり。推測では四十代あたりかと思っていたら、ヘルメットから白髪がのぞいているではないか。

さて、どうしようか迷ったが、勢いで前に出てしまった。そのまま速度を維持したらお相手は千切れると予想したら、なんとピタリと後ろについて来る。それどころか、最後のストレートで追い越しにかかってきた。「ウワー、ハヤイー!」と、叫びながらこちらもなんとか食らいつく。そんなデッドヒートを繰り広げて頂上へ。

お相手は途中で速度を緩めたらしく、少し遅れて到着。峠の駐車場でしばし歓談。お年を聞いてびっくり。66歳とおっしゃった。それで思い出した。この方、三年前に朝里峠の登りで追い越していった方で、あの日のことは忘れたことはなかった。それが今日、思いがけなく再会となった。

6年後、私はこの方のように走れているだろうか。できるかどうかわからないが、大きな目標である。