Dynaco MK3の改造(13)2017年09月22日 22時19分09秒

解体作業にとりかかる。まず片チャンネルだけ。
シャーシー上面にはほこりがかかり、曇があったので磨いてみた。しかし、磨きすぎるとこんどはレタリング文字も薄れてしまうので、ほどほどのところで止める。
トランスも錆が浮いているので再塗装したほうがよいかもしれないが、どうするかはまだ決めていない。

チョークトランスを載せるために、φ30mmの穴を電源トランスがあったところに開けるつもり。部品をどこに同配置するか、いろいろ考える。そんなときが一番楽しいかもしれない。
ところで、KT88を挿すUS8ピンソケットとしてQQQ製を誂えたのだが、実物合わせをしてみると、若干穴のほうが小さくてうまくはまらない。1mmくらいシャーシから浮いてしまうorz
穴を開け直しても私の腕なら見栄えが悪く浮いてしまう。スペーサーを入れ、ソケットをシャーシから浮かしたままにすることにした。Analog 親父様によれば、むしろそのほうが音が良いとの情報もいただいていたので、自分を納得させる。

Dynaco MK3の改造(12)2017年09月19日 20時08分10秒

CAEのデザインを参考にしてアレンジしたのが掲載の回路。
位相反転段を省略して初段と終段はRC結合となっている。

これまでは、三結、無帰還を特徴していたのが、こんどはUL接続、高帰還アンプとなった。シミュレーションでは、歪率などで大きな改善がみられるようだが、さて実機ではどうなるか。

昨日、外に出した電源トランスを載せるための板を目的のサイズに切り出し、サンダーでヤスリがけした。板厚は30mmあって、木工店を営む知り合いからただ譲っていただいたもの。ストーブで燃やすつもりだったという楓材の端切れ。手動ノコできれいに仕上げる自信がないので、わざわざ電動ノコまで買った。これは便利。

まずは現在のアンプを解体するところから作業が始まる。完成するまでの間、サークロトロン・アンプに戻す。

戻して驚いた。思いのほか良い。
Dynacoがすばらしいと言っておきながら、その欠点が目立つようになると、サークロトロンの良さが引き立ってくる。とにかく細かな音がよく出て、解像度抜群。Dynacoに負けずきちんと音が前に出てくるところも良い。ただし欠点があって、妙な響きがつきまとい、明らかに初段が理想動作をしていないのが気にかかる。初段をWE420Aにすればかなり歪率が改善することがシミュレーションでわかっている。Dynacoが一段落したら、次はそこに手をつける予定。

電源トランスを外に出すのは、第一にトランスのうなりと振動を抑えることが目的だった。よく考えてみると、外出し電源はDynacoアンプだけではなく、他にも使い回しができるということであって、300Bシングルアンプにはもったいないほどの容量があり、うってつけではないか。
そうなると、300Bシングルへの道程は容易なものとなるだろう。サークロトロンの次の目標となる。

Dynaco MK3の改造(11)2017年09月19日 19時37分36秒

最初は大いに感動した改造版であったが、時間が経つにつれだんだん欠点も見えてきた。

雄大なのはいいのだが、繊細さに少々かけていて「大味」という印象が拭えない。加えて、低音が緩み加減で、細かな音階が聞こえてこない。なにかがまだ不十分なのだろう。

こんなとき、やみくもにカットアンドトライしても、真空管アンプの経験が浅い者には徒労で終わる可能性が高い。先人たちの汗水たらした成果から謙虚に学ぶことが一番確実である。

しかし、世の中にはいろいろな回路が出回っていて、目移りするばかり。どれが本物か、見分けが難しい。迷った末に目をつけたのがCurcio Audio Engineeringである。MK3のアップグレード・キットを販売している小さな(多分)会社である。セールストークによれば、様々な回路を長年検討してきたとある。また購入者のコメントも載せてあって、それなりの自信があると見た。
幸いなことに回路を公開してくれている。これを参考にさせていただいて、初段をもう一度作り直すことにした。

Dynaco MK3の改造(10)2017年09月11日 21時26分14秒

Dynaco MK3は、ちかいうちに電源トランスを外部に出すついでに、ソケットも新しいものに交換する予定である。
ところでもともと付いていたソケットを見ると、写真のようにネジが邪魔してKT88は完全に刺さっていない。これはびっくり。
新しく買ったソケットは穴サイズが合うものということで、QQQを選択した。価格が安いので少し心配したが、KT88を刺してみるとガッチリと食いついて安定している。信頼感がある。そして横から見ると、きちとんネジの分だけ嵩上げしてあって、問題がない。
ところで、注文していたロシア製オイルコン(0.22uF/500VDC)が届いたので、ASCフィルムコンをはずして交換した。搭載してみるといかにも大きい。基板にぎりぎり収まった。これからエージングしていく。

朝里峠2017年09月11日 20時26分49秒

当地は9月に入り夏日が続き、意外に暑い日が続いた。と言っても夜になると涼しさを超えて肌寒く感じる。そんなこんなしているうちに、いつの間にか今シーズンも先が見えてきて、あと何回長距離を走ることができるだろうかと少し寂しくも感じる。

本日、朝里峠コースを走った。マシンは当初、中華カーボン+Shamal Ultraを予定していたが、車庫に行ってみるとフロントの空気が入っていない。よく見るとサイドカットしている。あわてて、マシンをLOOK595に交替するために準備する。

先週は手稲山に登ったあと、水曜日に小林峠を走っただけで全くトレーニングしていない。息が上がるだろうことは予想していたので、記録などはなからあてにしていない。ゆっくり行くことにする。
空を見上げると薄曇り。ときおり弱々しい日差しがさす。気温はやや暖かい。寒いと体が動かなくなるのでこれはありがたい。風は東から微風。
張碓峠にかかると、案の定、かだらが重い。先が思いやられる。
国道を左折し、工事中の高速道路を見上げながらやがて朝里温泉街に入る。今日も、朝里大橋は片側交互通行になっていて、ここで体力を使う。

本格的登りにかかる。速度上がらず。魚止めの滝までのラップタイムはいつもより2分は遅い。トンネルを超えて定山渓川の駐車場までのタイムは37分台。いまの体力をそのまま反映している。休憩せず、そのまま通過。

下りは前回の反省から、手を抜かずに速度を維持することにした。出発当初は体が重かったが、だんだん調子が出てくる。いつものように向かい風基調のコースでも苦にならない。ところどころ片側交互通行区間がある。北海道特有の事情で、冬に向かうこの季節は雇用確保のためにお役所が道路補修の工事を発注するのでこうなる。

さて集中しながら下ってきて定山渓が見えてきた時、はたとサイコンのタイムを確認していなかったことに気がついた。あわてて見てみるといつもより8分も速い。国道交差点までのラップタイム、2時間22分。これはすごい。どうしてこんなに速いのか、まったく自覚がなかったので驚いた。

川沿でまでのラップタイムは2時間53分。幸い、この先も追い風基調で速度が落ちない。気持ちにも余裕が出てくる。

自宅前ゴールタイム、3時間25分45秒。久々の好タイム。これで朝里峠の登りがもっと速かったら、20分も切るのだろうが、それはさすがに高望みというもの。今の自分にはここかあたりが限界だろう。

ところで、きょうの特記事項。
赤信号で停まっていた時、すぐ後の車にクラクションを鳴らされた。何かと思って振り向くと、左の駐車場に入るから、そこをどきなさいということらしい。お詫びの会釈をして1mほど前にバイクを進めた。ときどきこういうこともあるから、後のことも気をつけなければと思ったら、この後また同じ場面が発生した。
札幌市内に入って石山通を北上し、やはり赤信号で停まっていた時、やはり後ろからクラクション。そうか、左のマンションの駐車場に入るのか。それは気が付かなかった。すぐにまた1mほど前に進む。そうしたら、相手の運転手、こちらを向いて何やら怒声を上げている。こちらは「すみません」と会釈。と、思いきや、その車はマンションの駐車場に入らず、歩道を走って、もう一つ先のうどん屋の駐車に入っていった。「唖然」とはこのこと。笑ってしまった。そこまでしてうどん屋に急いでいたのか。

二回も同じ目に会うと、色々考えてしまう。
私の場合、赤信号の時は車の左側をかきわけて無理に交差点まで進まず、前の車の左後で停止することにしている。前に進んだとしても、すぐ先で追い越される。そうなると車にいらぬ迷惑をかけることになるからである。それが、今度は後ろから迷惑だと言われると、なんとも困惑してしまう。
自転車が社会に認知されるように、地道に安全運転していくしかない。