息子の結婚式2019年11月05日 21時46分07秒

11月某日、ひとり息子の結婚式が執り行われた。
他人の結婚式にはなんども出席したことがあっても、自分の家族は初めて。一ヶ月前からそわそわしてきて、結婚式前夜は緊張のせいでなかなか寝付けなかった。

息子は大学を卒業して医療関係の職場に就いたのだが、実際に働いている現場はこれまで見たことがない。披露宴で伺ったいろいろな方の証言から、息子が普段どんな働きぶりをしているのか初めて知った。
父親として誇らしいと思っていたら、上司から「ルーズなところが少しあるので」と祝辞を賜り、思わず赤面した。妻からは「あなたに似たのです」と断言され、返す言葉もない。

新郎の父の最大の役目は、宴席のトリを締めくくること。これがコケたらすべてが台無し。当たり前だがこの種の挨拶は今までしたこともないし、普段言い慣れない言葉のオンパレードだから大変困った。が、とうとうその時間が来てしまったのでマイクの前に立つしかない。

頭の中におおよその原稿はたたきこんでいたので、ほとんど言いよどむことなくなんとか締めくくった(汗)。妻からは150点満点との評価。後から息子も「よかった」と言ってくれた。

というわけで、二泊三日の旅を終えて昨夜帰宅。
ビールを飲みながら、ああ今自分は小津安二郎の映画に出てくる父親なのだなと感じる。若いときは、「じじくさいマンネリ映画」と思ったこともあったが、この年になって初めてあの映画のすごさがわかってきた。

東京物語の前半は、老夫婦が尾道から東京に住む息子と娘の家、そして戦争未亡人となった嫁(原節子)を訪ねていく場面である。そのなかで、息子も娘も父母をなんとなく邪険に扱いながら、嫁の思いがけない親切に義母(東山千栄子)がうれしくなって、自分の時計を形見として渡すシーンが印象的だった。

以前は、血のつながった親と子がよそよそしい関係になることが不思議だった。しかし、いまはわかる。息子とは別にけんかしているわけでもないし、どちらかと言えば関係は良好な方だとは思う。しかし、いったん息子が嫁さんを迎えた時点で、親でも踏み込んではならない二人だけの領域ができる。それでいろいろ気を遣うことになる。

それはなんとなく寂しいことだが、こうして親がフェードアウトしていかなければ、息子たちは息苦しくてしょうがないことだろう。
とにかく息子夫婦には幸せになってもらいたいと心から願う。

U市への旅2019年08月27日 19時04分58秒

24,25日の二日間、北関東のU市に妻と一緒に小さな旅をした。
息子夫婦のところに6月に生まれた子供に会うためである。私はすでに7月に会っているのだが、妻はまだ。行く前から期待と不安でドキドキしていたようだ。

まず格安航空会社の飛行機で千歳からS市へ。昼食はその町で有名な牛タン定食。ところが今回ははずれ。今度食べるときは、きちんと店を選ぼうと妻と一致した。
腹を満たした後、新幹線でU市へ。
妻は孫と感動の初対面。
帰り際に息子一家の記念撮影。
ますます先が見通せなくなっていくこの世界だが、末永く幸せになってもらいたいものだと親として願うばかりである。

奥多摩に行ってきた2019年07月15日 10時01分57秒

年に一度この時期になると我が母校の夏期セミナーが奥多摩で開かれる。昨年はモンゴルに行っていたので参加できなかったが、今年はセミナーのテーマにも興味があって二年ぶりに参加した。

セミナーは三日間。中日の午後は自由時間になっていて、近くに散歩に出かけた。写真はそのときに撮ったもの。いつもながらこれが同じ東京とかと思う風景。山の斜面が急峻で谷を深く削り、定山渓あたりとは比べものにならないくらいの迫力がある。

数年ぶりに会う仲間たちとの歓談があったり、初めて会う方から思いがけず深刻な悩みを相談されて驚いたり。そんなことも前向きに受け止められるセミナーであった。しかし、なぜわざわざ東京の山奥まで出かけるのかと言えば、七十五歳を過ぎてもなお盛んに研究されている先生の姿に励ましを受けたいと思うからであろう。その先生が最近本を出版されたと伺い、早速「著者割引価格」で注文させてもらった。
東京滞在中、ずっと曇りか雨。札幌よりも寒く感じて驚いた。ずっとフリースを手放すことができないくらい。今日のニュースでは、記録的な日照不足と報じられていた。札幌も、私が戻ってきた途端にどんよりした曇り空が続いている。

鹿と一緒に朝食2019年06月13日 22時51分53秒

今日の出勤時間はいつも遅くてよかったので、朝食を妻と一緒にゆっくりと食べていた。窓の向こうには、公園の丘陵に広がる草地が見えていて、鹿さんが来ないかなとウォッチするのが最近の習慣になっていた。

そうしたら突然現れた。それも雄鹿3頭に、子供鹿1頭が。ただ、子供の方は笹の葉に隠れて見えていない。前回見たときに比べてずいぶんと角が立派になっていた。

妻は早速、本州に住んでいる息子の嫁さんへ写真を送っていた。

まだ5月なのに34℃2019年05月28日 09時06分19秒

まったく記録的な暑さである。
今シーズン、初夏を知らせる蝉が鳴き始めたことに気がついたのは19日であった。実を言うと13日の午前、自宅近くの公園にいたら森の中から蝉の声があったのだが、どうもこれは早すぎたと気がついたしく、数秒で止まってしまった。あの蝉は先遣隊ということだったのだろう。

これで札幌にも爽やかな季節がやってきたと思ったら、例年の夏にもあまりないほどの熱波がいきなりやってきた。ただ、湿度が少なく木陰に入ると過ごしやすかったのが救いである。

加齢とともに温度調整機能が劣化していることを実感しているので、こんなとき無理は禁物。ヒルクライムはあきらめた。そこで次のコースをとることに。
   自宅→小林峠→川沿→北一条通に出て左折→山の手博物館の交差点を左折→琴似発寒川沿いに上流方向へ→東光ストア平和店交差点を左折→平和の滝→Uターンして平和簡易郵便局近くの交差点を右折→激坂とトンネルを越えて五天山公園横に出て左折→そこからはいつものコースで自宅へ

ちょうど2時間ほどのコース。赤信号で停止していると日差しが暑く感じられるが、走っていると空冷が利いてくる。ただ、この距離で大きなボトル2本の水のほとんどを消費したのだから、尋常ではなかった。

早めに切り上げたのにはもう一つ理由があった。この日、教え子たちが東区にある某公園でピクニックをしているので、昼を目指して合流しようということになり、それに間に合わせる必要があったのだ。

妻と車に乗り込み、「あつい、あつい」と言いながら目的地を目指す。学生と連絡を取り合うことができ、それほど迷わずに合流を果たす。帰りは、妻が買ったこの公園名物のソフトクリームを食しながら。そこで終わりかと思ったら、この暑い日に限ってなぜか知らないが、畑作業をすると言う。こういうとき、素直に従うのがよい夫であることを、これまでなんども痛い思いをして学んできたので、「はい、わかりました」と返事。

まことによい一日だった。