300Bアンプ 回路図案その32017年06月21日 22時04分20秒

こちらのほうがさらによい。

300Bアンプ 回路図案その22017年06月21日 20時36分40秒

6月9日バージョンは、よくみると重大な問題があって結局没となった。P-ch MOSFETの出力インピーダンスが高く、そのままチョークトランスをドライブすると高い周波数帯から減衰が始まる。G(ゲート)にNFBをかけてみても、根本解決にはならなかった。

そこで結局ラジオ技術誌1999年6月号に氏家先生が発表した「高帰還300Bシングルアンプの製作(3)」を参考にして、自分なりにモディファイしたのが掲載の回路。

氏家先生の回路では初段、2段目のカソードフォロワもCZ-501-V(もしくは同等管)であったのを、それぞれ初段をWE404A(回路図では6688となっている)、二段目をGS66502Bに置き換えた。超古典的パーツである真空管と超近代的パーツであるGaN MOS-FETの組み合わせは、実に痛快。どうせやるならこれくらいの遊び心があってもよい。
またさらにソースフォロワー段の負荷は一般的な抵抗負荷ではなく、チョークトランス負荷とした。

シミュレーションをしてみると、最大10Wの出力を得ることができる。ドライブ段に余裕がある証拠である。(もっともこれは机上の理論であって、現実には各種のロスがあるため、もっと低くなるだろう)。

ある方は、91Bスタイルを名乗る多くのアンプはドライブ段が非力で、そのため出てくる音も弱々しくなると言っている。本当かどうかはわからないが、もしそうであるなら、その点だけは胸をはれることになる。

ところで300Bとともに鍵となる出力トランスについては今まで触れてこなかった。
実はひょんなことからてもとにはDynaco MK3があって、その出力トランスを使ってみたらと考えている。KT88プッシュプル用に設計されたトランスを300Bシングルアンプに使うなど噴飯モノだろう。ど素人丸出しと言われるのは覚悟。でも、パラフィード型にすれば使えるはず。

ついでに電源トランスもMK3からはずして使う。そのままではウナリを発生することは必定。何らかの対策は必要かもしれない。

300Bシングルアンプ 回路図案2017年06月09日 22時35分05秒

昨年の12月以降、300Bシングルアンプはペンディング状態が続いてきた。最近、新しいアイデアが湧いてきて、これまでの回路図をご破算にし、新しく出直すことにした。

WE 91Bの真髄はどこにあるのか。実物を見たことも聞いたこともないので、おおいに的を外している可能性はあるが、だれかが主張されているように三段増幅構成にあるのではないか。オーディオ用途に用いようとすると、これではゲインが高すぎるので初段を省略して二段構成にする。それを91Bスタイルと一般では称している。その上、無帰還こそシングルアンプの王道であるとも言われている。

しかし91Bは高帰還アンプである。これを無帰還にしてしまえば、もはや91B型と呼ぶことはできないはずではないか。そんなことを考えるうちに、高帰還型のアンプを考えるようになった。しかし条件がある。部品点数を多くしたくない。最小限のパーツで構成する。

その結果考えだしたのが、掲載の回路。
初出ではない。初段五極管(回路図ではシミュレーションの関係で6J7となっている)のカーソド側にP-ch MOSFETを配置するのは、K式アンプであおなじみだし、Tube GAD Journalでも言及されている。チョークトランスで300Bをドライブする方法も、これとは少し形は違うけれどすでに「魅力ある真空管とアンプ・ラジオ」で発表されている。

真空管アンプにMOS-FETを使うのは邪道であると腹をたてる方もいるだろう。私もできればそうしたかった。しかし、設計においてはバランスも要求される。真空管だけで構成しようとすれば、どうしてもどこかに無理が生じる。MOS-FETを使うとこれが実にシンプルになる。この魅力に負けてしまう。

しかし回路が美しければ音も美しいとは限らない。すべては結果である。今のサークロトロンが標準原器となって、これと比べることで正確な判断を下すことができるだろう。

Circlotron with GaN サークロトロン完成2017年05月29日 21時35分24秒

サークロトロンの可能性は確認できたのだがスイッチング電源が足を引っ張っていることが明らかになったので、リニア電源で作り直すことにした。まずは電源回路の説明。

トランスはRSオンラインで見つけた一個1500円のもの四個使用する。一次側が230V、二次側が15V 40VAが二回路ある。実際には1次側に200Vを入力して、平滑後の出力電圧は20Vであった。

整流ダイオードはInfineonのIDH16G65C5を八個。平滑回路はチョークインプット型とする。そのチョークコイルにはファインメットノイズフィルタとして売っているFM03D382MPFを投入。コモンモードコイルとして使うのではなく、接続を変更して、普通のノーマルモードコイルとして使う。実測では31mHとなった。

サークロトロンは平滑回路の電解コンデンサに音声電流がそのまま流れる。なので手を抜きたくない。KEMET(旧RIFA)の22000uF/63Vを起用した。図体が大きくシャーシの大部分を専有してしまうほど存在感がある。スタッド端子はマイナス極となるので、そのままシャーシに載せられない。絶縁処理を忘れてはならない。

Circlotron サークロトロンへの挑戦2017年03月22日 19時06分29秒

現在使っているTaylor型パワーアンプは、原理としてA級増幅しか構成することができない。そのためアイドリング電流以上の電流を供給することはできないわけではないが、なるべく避けた方が良い。

今回、Altec 416-8Bを並列接続にしたことによりインピーダンスが低くなったのでパワーアンプの電流供給能力は切実な問題として浮上してきた。
これを機会に以前から実現したいと思っていたことに挑戦することにした。サークロトロンである。この回路の詳しい説明は例えばTubeCADなどにあるので省略。
回路は実にあっけない。これで動くのかと言うほど単純である。これはオリジナルではない。範としたのは、http://www.audiodesignguide.com/にある、Hi-end Balanced Circlotron Hybrid Amplifierである。

トランスは一次が40Ω、二次が600Ωなのでこのアンプを駆動するには、低インピーダンス出力のプリアンプが必須となる。
サークロトロンは、二つの独立したフローティング電源を使うところに大きな特徴がある。今回は実験的な要素もあるので、スイッチング電源で済ますことにした。コストは1/10、スペースや重量も格段に小さくなるので、肩肘張らずに挑戦できる。

そして今回の目玉は出力段で、ここに念願のGaN素子であるGS66502Bを使う。負の温度係数を持っているので、温度補償は不要のはずである。これは実験で確認する。

おそらく来週以降に姿が見えてくるだろう。