300Bアンプ 回路図案その32017年06月21日 22時04分20秒

こちらのほうがさらによい。

300Bアンプ 回路図案その22017年06月21日 20時36分40秒

6月9日バージョンは、よくみると重大な問題があって結局没となった。P-ch MOSFETの出力インピーダンスが高く、そのままチョークトランスをドライブすると高い周波数帯から減衰が始まる。G(ゲート)にNFBをかけてみても、根本解決にはならなかった。

そこで結局ラジオ技術誌1999年6月号に氏家先生が発表した「高帰還300Bシングルアンプの製作(3)」を参考にして、自分なりにモディファイしたのが掲載の回路。

氏家先生の回路では初段、2段目のカソードフォロワもCZ-501-V(もしくは同等管)であったのを、それぞれ初段をWE404A(回路図では6688となっている)、二段目をGS66502Bに置き換えた。超古典的パーツである真空管と超近代的パーツであるGaN MOS-FETの組み合わせは、実に痛快。どうせやるならこれくらいの遊び心があってもよい。
またさらにソースフォロワー段の負荷は一般的な抵抗負荷ではなく、チョークトランス負荷とした。

シミュレーションをしてみると、最大10Wの出力を得ることができる。ドライブ段に余裕がある証拠である。(もっともこれは机上の理論であって、現実には各種のロスがあるため、もっと低くなるだろう)。

ある方は、91Bスタイルを名乗る多くのアンプはドライブ段が非力で、そのため出てくる音も弱々しくなると言っている。本当かどうかはわからないが、もしそうであるなら、その点だけは胸をはれることになる。

ところで300Bとともに鍵となる出力トランスについては今まで触れてこなかった。
実はひょんなことからてもとにはDynaco MK3があって、その出力トランスを使ってみたらと考えている。KT88プッシュプル用に設計されたトランスを300Bシングルアンプに使うなど噴飯モノだろう。ど素人丸出しと言われるのは覚悟。でも、パラフィード型にすれば使えるはず。

ついでに電源トランスもMK3からはずして使う。そのままではウナリを発生することは必定。何らかの対策は必要かもしれない。

300Bシングルアンプ 回路図案2017年06月09日 22時35分05秒

昨年の12月以降、300Bシングルアンプはペンディング状態が続いてきた。最近、新しいアイデアが湧いてきて、これまでの回路図をご破算にし、新しく出直すことにした。

WE 91Bの真髄はどこにあるのか。実物を見たことも聞いたこともないので、おおいに的を外している可能性はあるが、だれかが主張されているように三段増幅構成にあるのではないか。オーディオ用途に用いようとすると、これではゲインが高すぎるので初段を省略して二段構成にする。それを91Bスタイルと一般では称している。その上、無帰還こそシングルアンプの王道であるとも言われている。

しかし91Bは高帰還アンプである。これを無帰還にしてしまえば、もはや91B型と呼ぶことはできないはずではないか。そんなことを考えるうちに、高帰還型のアンプを考えるようになった。しかし条件がある。部品点数を多くしたくない。最小限のパーツで構成する。

その結果考えだしたのが、掲載の回路。
初出ではない。初段五極管(回路図ではシミュレーションの関係で6J7となっている)のカーソド側にP-ch MOSFETを配置するのは、K式アンプであおなじみだし、Tube GAD Journalでも言及されている。チョークトランスで300Bをドライブする方法も、これとは少し形は違うけれどすでに「魅力ある真空管とアンプ・ラジオ」で発表されている。

真空管アンプにMOS-FETを使うのは邪道であると腹をたてる方もいるだろう。私もできればそうしたかった。しかし、設計においてはバランスも要求される。真空管だけで構成しようとすれば、どうしてもどこかに無理が生じる。MOS-FETを使うとこれが実にシンプルになる。この魅力に負けてしまう。

しかし回路が美しければ音も美しいとは限らない。すべては結果である。今のサークロトロンが標準原器となって、これと比べることで正確な判断を下すことができるだろう。

電流計 再び2016年12月07日 21時36分45秒

中華製の電流計の安っぽい作りにがっかりした反動で、堅牢なものでなければという思いが募ってきた。

しかし、世の中アナログ電流計の種類が限られる時代である。ほとんどが角型で真空管アンプに似合うとは思えない。どうしても丸型にこだわりたい。

Western ElectricのアンプにはかつてWESTON製電流計が使われていたらしい。eBayをのぞくと、中古品が売られている。ただペアで揃ってというのはなかなか出ない。お目当ての"mA"表示となるとますます少ない。ただ、表示は異なってもFS=1mAであれば中身は同じであることがわかり、選択の範囲を広げることにした。

それで、ちょうどKILOVOLTS表示のものがペアで出ていたので、交渉して少し安くしていただき、無事に入手した。お代を考えたら、ほとんど送料分ではなかっただろうか。

写真がそれ。航空機に使われていたとのことで、片方はまあまあの状態であるが、もう片方は目立つ汚れがある。しかし動作は問題はないのでよしとする。かえって貫禄があってシャーシのデザイン次第では、独特の雰囲気をかもしだせるかもしれない。

それにしても実物は思ったよりも大きく、かつ重量があったのには驚いた。

CV358のソケット2016年11月23日 18時05分37秒

ついでにCV358のソケットも証拠写真を。このソケットは以前にAnalog親父様から譲っていただいたものでずっと机にしまっていた。貴重な品でもあるし、いつか日の目を見せたいと願っていた。同じく山本音響工芸さんの作品である。