中華カーボンフレームのBBを交換する2017年02月04日 20時59分37秒

中華カーボンを手に入れたのが2014年2月。あれから3年間、フレームとしては大きな不具合もなく使い続けている。

細部の作りはやっぱり雑で、値段相応であるのは想定どおり。しかし、そこを知恵を使ってカバーしていくなら、結構おもしろい走りを体験させてくれる。

さてこのようにフレームはそこそこであるのだが、BBはいけなかった。このBB、フレームと一緒に購入したもので、たしかセラミックベアリングを使っているという触れ込みだった。値段も安いし、耐久性はあまり期待していなかった。

使ってみると、案の定2年経過した時点でペダリング時にわずかながら異音が発生。分解してチェックするのも面倒なので1年間放りっぱなしにしておいたのだが、チェーン周りの定期メンテナンスにあわせて今回BBの交換に踏み切った。

写真は、中華製のBB。なぜかSHIMANOの名前があっていかにもフェイクであることがわかる。手で回してみると、左側のベアリングがいかれていてゴリを感じる。

重量を測ったら97gもあった。新しくインストールしたのは、シマノ純正のSM-BB92-41Bで公式アナウンスによれば、重量は54gである。手で持っていてもその差は歴然であった。

実際にペダリングしてみると、頭が感知する以前にからだがすぐに反応するほど感触の差は明らかだった。ペダリングが急にうまくなったように感じて、回すのがおもしろいくらいだ。

やはり、BBは自転車の要である。決しておろそかにしてはならない。

WH-7850-SLをお嫁に出す2017年01月23日 17時48分13秒

シマノの7850-SLとはおよそ8年にわたり苦楽をともにしてきた。昨年の6月、とうとうリアのリムが限界まで摩耗したので現役を引退させた。

さて、これをどうするか。棺桶に半分足を突っ込むような年齢になってきたので、後のことを考えれば、物は極力持たないのがよろしいと考え直した。

そこでこれまで倉庫に眠らせておいたのだが、フロントはまだ使えそうなので某オークションに出品しすることにした。思いがけなく高価な値段で引き取られていった。セラミック・ベアリングに換装したことが商品価値を高めたのかもしれない。

写真はお嫁に行く前の最後の姿。
倉庫に戻ったら、ホイールを置いていた場所がなんだかガランとしていて、すこし寂しさを覚えた。まるで小津の映画に出てくる笠智衆である。

心拍計2017年01月23日 17時17分10秒

今年最初の自転車ネタ。

積雪期に入ると自転車のトレーニングは室内で三本ローラーか固定ローラーとなる。

ただペダルを回すだけでなく、最近はパワーメーターが登場し、ケイデンス、心拍数、パワー、速度、屋外ならばGPS情報などが測定できるようになってきた。これらの情報を使って科学的にトレーニングメニューを組み立てることもできる。

シリアスライダーには必須の道具であろうが、私のように非力な者には使いこなせるような技量もない。

今まで使ってきたのはポラールの心拍計である。かれこれ8年近く使ってきた。当時は腕時計型のモニターで心拍数を測定できるということだけで感激したものだが、今は時代が進んだ。心拍センサーはBluetoothで接続され、iPhoneやiPadに数値が表示され、記録されるようになった。

妻がダイエットのために固定ローラートレーニングをしたいというので、写真の左に写っているセンサーを購入した。どんなものかと、今回妻から借りて使ってみた。

せっかくなので最大心拍数にも挑戦してみた。結果、184を記録。十年前なら190にも迫っていたと思うが、これ以上無理できないと体がブレーキをかけてくる。年齢には勝てない。

毎回のトレーニング記録がファイル化され、時系列で確認できる。うまく使いこなせば、練習のモチベーション向上に役立つはずである。

今年一年を振り返る 自転車編2016年12月31日 19時58分23秒

華々しい成果は挙げられなかった。

タイムは明らかに前年から遅くなってきていて、若いときに比べて頑張ろうとしても体の深いところから力が湧き上がってこないのが悔しい。これが現実である。

またこの年齢になると社会的にもいろいろと責任ある役割を担わされるわけで、自由になる時間はますます限られてくる。以前なら、夕方になればさっそうと小林峠に向かったものだが、今はなかなか時間が取れない。

それでも朝里峠にはなんとかこつこつと通うことができたのは良かった。今年一年の唯一の成果である。

できなかったこと。
中山峠を超えて喜茂別に降り、そこからまた登り直して自宅に戻るコースには挑戦できなかった。
また、毎年6月ころ恒例となっていた自宅→毛無峠→赤井川村→樺立トンネル→倶知安→喜茂別→中山峠→自宅の一周コースを走ることができなかった。これは来年是非復活させたい。

機材で言えば、Dura-Aceのホイールを引退させ、新たにカンパのEurusを導入したこと。ちょっと古いモデルではあるがまったく問題なく使える。Dura-Aceよりも楽しく走られるところが非常に気に入っている。良い買い物をした。

何はともあれ、とにかく事故や怪我もなく一年を終えられたことに感謝したい。

今シーズン本当のラストラン おまけつき2016年12月07日 19時44分28秒

今年の秋は本当に先が読みにくい。10月に大雪が降ったのでこのまま冬に突入だろうかと思ったら暖かい日が続いて雪が溶け、このまま穏やかな秋になるかと思えば、急に気温が下がって雪が積り。。と、何度もラストラン宣言が覆されてきた。

先週、暖かい日が続きとうとう道路にはほとんど雪がなくなった。そして12月5日。全国的にも記録的な高温となり、札幌も最高気温が6度を超えた。天気は曇り。西風がやや強いが走るなら今日しかない。

ということで、朝里ダム記念館を目指した。
写真は出発のときに妻が撮ってれたもの。

自宅から北1条通りに出て国道に向けて下っていくと、ややウエットで、砂混じりの泥が跳ね上がる。国道に出れば、ほとんど乾燥路。向かい風が強いのさえ気にしなければ、12月とは思えないほど快適である。ウインドブレーカーを着用したが、やや汗ばむほど。

順調に張碓峠を超えて、張碓トンネルに入りちょうど真ん中辺りまで走った時異変が起きた。小石を踏んだ感触があったなと思ったらリアの空気が抜けた。パンクである。長距離ではないのでチューブラータイヤの予備は持っていなかった。残念ながら引き返すしかない。

不幸中の幸いながら、チューブラータイヤはパンクしてもリムを保護することができるので、スピードさえ出さなければリムを傷つけることはない。チューブレスタイヤだとこうはいかない。昨年、それで散々な目にあったことがある。

パンク地点までの走行時間は50分。そこからUターンして自宅に戻ったのが1時間15分後。パンクした自転車を走らせるのはなんとも惨めな気分である。

今シーズンを有終の美で飾ろうと思ったが、不完全燃焼で終わってしまった。

今回のトラブル、10月にパンクした時に応急処置で済ませ、その後タイヤ周りのチェックを十分にしていなかったのが原因である。反省。

翌日、札幌は猛吹雪に。昨日の風景が遠い昔のような様変わりである。


ところで、妻が最近体の線を気にしだし、体重を落としたいのだが何か良い方法はないかと聴いてきた。ダイエットに近道などあるはずはなく、少なくとも20分間の有酸素運動が効果的であると答えた。

しかし冬道を歩いたり走ったりするのは苦手。思いついたのがエアロバイク。これなら暖かい室内で、いつでもトレーニングできる。

ネットでロードバイクの室内トレーニングにも使えるという機種を選び、発注することに。これで、寒い車庫でローラーを回さなくてもよくなるかもしれない。