4月10日は支笏湖 そして4月17日は朝里峠2017年04月17日 21時08分41秒

記事がたまってしまったのでまとめて書く。

4月10日は久しぶりに支笏湖へ向かった。ただし、オコタンペ湖分岐まで。体は重いし、筋肉もまだ落ちたままなので苦戦することは承知の上。

天候はこの時期としては非常によく、気温も高め。ただし、ウインドブレーカーと冬用シューズカバーは着用した。

道路はほぼ乾燥状態。ただし、路面の状態は良くない。大きなピットがあちらこちらに空いていて、気を抜くことができない。融雪剤を大量にまいていることや大型車両が意外に多く走るせいもあるのだろう。

常盤駐車場で用を足して出発しようとしたら、ある方が声をかけてくれた。おそらく付近を管理している市の職員だろうか。関心を持ってくれるとなんだかやる気が出てくる。

このコースは距離としては長くはないが、アップダウンが激しく、体力を消耗する。よくもまあ、こんなところに自転車専用道路を設けたものだと思う。青少年たちは何度このコースに挑戦し、何人が挫折しただろう。

他に特記事項はなし。たんたんと登り、下り、走った。常磐駐車場からオコタンペ湖分岐まで1時間。いやはや遅くて恥ずかしい限り。これだけ体がなまってしまったのだから、早く走れるはずもない。

ところで今回始めて往路で小林峠のトンネルを自転車で走った。以前車では一回走っている。あっけなく川沿川に出て拍子抜け。
復路は、もちろんとねんるは通らず小林峠を抜けていく。これからこの道は旧道と呼ぶことになるのだろう。以前はトンネルができたら小林峠はどうなるのかと危機感をもっていた。ところが今回走って、意外なことを発見した。車がほとんど通らないので、ここ静かに走りに集中できる。これはすばらしい。ただ、石ころやゴミのようなもの以前よりも多くなっているような気がするのは仕方がないところか。

つづいて本日の件。朝里峠に向かった。サイコンの調子が悪かったので記録はなし。
昨日まで急な仕事が入ってハードな状態が続いていた。腰、左足首、肩、頭が痛くて満身創痍。でも天気は快晴。少し迷ったが挑戦することにした。

走ってみると、意外に足が回るし、息も上がらない。風はやや冷たいが日差しが強く、気温もやや高め。走る環境としてはこれ以上のない理想状態。

朝里ダム記念館の駐車場は除雪されていた。記念館はまだ閉鎖されたまま。大型連休にはオープンするのだろう。その他特記事項なし。

峠のトンネル手前の駐車場でUターンして自宅に向かう。今回は足がつることもなく平穏無事の帰還。帰ってきたら、体の調子が非常に良い。走ってよかった。

朝里峠へ今シーズン初挑戦2017年04月04日 21時47分10秒

4月初週にしては珍しく気温は高めに推移し、3日の最高気温は10度を超えた。道路の雪解けも進み、絶好の自転車シーズンを迎えた。今シーズン最初の遠出に出発。目指すは朝里峠。

と、威勢はいいのだが、なにしろ冬のシーズンはまともまトレーニングをしてこなかった。体重は58.7Kgにまで増えてしまい、ベストから3Kgも重い。実際走ってみると、体に切れがないし、加速もできない。

さて、道路は乾いていると思って走り始めると20m行ったところで道路一面に雪が!あまりにも天気が良いので、近所の人が家の前の雪を道路に出したらしい。そのまま恐る恐る通過。

このあと幹線道路の北1条通りに出て小樽方面
に向かう。いつものことだが、最初の500mは雪解け水でびしゃびしゃ。ゆっくりと通過。その後はほぼ乾燥路面だった。

どうせ無理ができるはずがないから、ベース走と決め込んで、心拍数を上げない走りに徹する。ダム記念館を過ぎてから始まる急坂でも時速10Km/hを切っても、こんなものだと焦らずに進む。

例年ならば高度を上げるにつれ、路肩に雪が積もっていたりする。きょうはどこも乾燥していた。ただトンネルの出入り口だけは気をつけないといけない。一部凍結していた。そんなことがあるので、この季節に定山渓側にあるトンネルを走る勇気はない。向こう側に降りていくのは今月下旬になってからと思っている。

そうこうしているうちに朝里峠頂上のトンネル着。ここでUターン。まだ体がなれていないので無理をせず速度を抑え気味で。

国道に出て札幌方面に向かってすぐに張碓峠の登りに取りつく。妻にも笑われるくらい筋肉がなくなった足でどこまで頑張って登れるか不安があったが、意外に息も苦しくなることなく足が回った。

ただ足に疲労物質が蓄積してくると、ちょっと力を入れただけで痙攣が始まりそうになる。だましだまし自宅まで無事に帰還。

ホッとしたそのとき異変が起きた。ペダルからクリートを外して左足を地面におろした瞬間、強烈な痙攣が右膝上内側を襲ってきた。思わずうめき声が出た。1分ほど動けない状態に。もし近所の人が見ていたら、実におかしな格好をして不思議に思ったに違いない。

シーズン最初にしてはよく走れたのは、気温が高めで少し汗ばむくらいだったせいもあるだろう。手足も冷えることなかった。水はきっちりと1リットル消費した。

中華カーボンフレームのBBを交換する2017年02月04日 20時59分37秒

中華カーボンを手に入れたのが2014年2月。あれから3年間、フレームとしては大きな不具合もなく使い続けている。

細部の作りはやっぱり雑で、値段相応であるのは想定どおり。しかし、そこを知恵を使ってカバーしていくなら、結構おもしろい走りを体験させてくれる。

さてこのようにフレームはそこそこであるのだが、BBはいけなかった。このBB、フレームと一緒に購入したもので、たしかセラミックベアリングを使っているという触れ込みだった。値段も安いし、耐久性はあまり期待していなかった。

使ってみると、案の定2年経過した時点でペダリング時にわずかながら異音が発生。分解してチェックするのも面倒なので1年間放りっぱなしにしておいたのだが、チェーン周りの定期メンテナンスにあわせて今回BBの交換に踏み切った。

写真は、中華製のBB。なぜかSHIMANOの名前があっていかにもフェイクであることがわかる。手で回してみると、左側のベアリングがいかれていてゴリを感じる。

重量を測ったら97gもあった。新しくインストールしたのは、シマノ純正のSM-BB92-41Bで公式アナウンスによれば、重量は54gである。手で持っていてもその差は歴然であった。

実際にペダリングしてみると、頭が感知する以前にからだがすぐに反応するほど感触の差は明らかだった。ペダリングが急にうまくなったように感じて、回すのがおもしろいくらいだ。

やはり、BBは自転車の要である。決しておろそかにしてはならない。

WH-7850-SLをお嫁に出す2017年01月23日 17時48分13秒

シマノの7850-SLとはおよそ8年にわたり苦楽をともにしてきた。昨年の6月、とうとうリアのリムが限界まで摩耗したので現役を引退させた。

さて、これをどうするか。棺桶に半分足を突っ込むような年齢になってきたので、後のことを考えれば、物は極力持たないのがよろしいと考え直した。

そこでこれまで倉庫に眠らせておいたのだが、フロントはまだ使えそうなので某オークションに出品しすることにした。思いがけなく高価な値段で引き取られていった。セラミック・ベアリングに換装したことが商品価値を高めたのかもしれない。

写真はお嫁に行く前の最後の姿。
倉庫に戻ったら、ホイールを置いていた場所がなんだかガランとしていて、すこし寂しさを覚えた。まるで小津の映画に出てくる笠智衆である。

心拍計2017年01月23日 17時17分10秒

今年最初の自転車ネタ。

積雪期に入ると自転車のトレーニングは室内で三本ローラーか固定ローラーとなる。

ただペダルを回すだけでなく、最近はパワーメーターが登場し、ケイデンス、心拍数、パワー、速度、屋外ならばGPS情報などが測定できるようになってきた。これらの情報を使って科学的にトレーニングメニューを組み立てることもできる。

シリアスライダーには必須の道具であろうが、私のように非力な者には使いこなせるような技量もない。

今まで使ってきたのはポラールの心拍計である。かれこれ8年近く使ってきた。当時は腕時計型のモニターで心拍数を測定できるということだけで感激したものだが、今は時代が進んだ。心拍センサーはBluetoothで接続され、iPhoneやiPadに数値が表示され、記録されるようになった。

妻がダイエットのために固定ローラートレーニングをしたいというので、写真の左に写っているセンサーを購入した。どんなものかと、今回妻から借りて使ってみた。

せっかくなので最大心拍数にも挑戦してみた。結果、184を記録。十年前なら190にも迫っていたと思うが、これ以上無理できないと体がブレーキをかけてくる。年齢には勝てない。

毎回のトレーニング記録がファイル化され、時系列で確認できる。うまく使いこなせば、練習のモチベーション向上に役立つはずである。