今年一年を振り返る ロードバイク編2017年12月31日 17時11分40秒

何と言っても最大のトピックスは、Shamal Ultraが我が家にやってきたことだろう。
Eurusがピットを踏んだおかげてリタイヤを余儀なくされ、傷心の日々を過ごしていた時、次のホイールをどうしようかと悩んでいた。そんなとき魅力的な値段でShamal君が売りに出されていた。予算を少々オーバーしているが、小遣いを切り詰めるのを覚悟して手に入れた。

Eurusくんには申し訳ないが、トラブルのおかげで素晴らしいホイールに出会うことができたことになる。ただ、Shamal Ultraを踏み倒せるほどの足がないのが残念である。
かつてフェラーリを所有していた知り合いの奥様が、7速あるギアのうち4速あたりまでしか入れたことがなく、「フェラーリちゃんに申し訳ないわ」と申していたが、それと同じか。

その次の思い出は、小林峠の狐たちのことであろう。自転車のあとをぞろぞろついてきたのには驚いた。トンネルができる前は、トレーニングができなくなるのではないかと心配したが、トンネルのお陰でかえって静かな環境になった。旧道と新道のつながり部分で減速、一旦停止を余儀されたとしても、それさえ我慢すれば天国である。

夏までのシーズン前半は、ほとんど毎週朝里峠を走ることができ、それなりにがんばっていたと思う。3時間30分を切り、25分台ということもあった。ところが後半は思うように走ることができず、もう少し頑張ろうと思っていたら11月中旬には雪のため突然クローズとなった。なんとなく不完全燃焼の気分である。

この年令になると仕事の責任が増える。おまけにいろいろなストレスもかかってくる。自転車に乗れる時間がどんどん削られていく。妻には、早く辞めたらと言われるのだが、そうもいかない。
来年は、なんとか仕事と自転車のバランスをとりたいものだ。

朝里峠へ2017年11月13日 22時02分49秒

昨夜から雨が降っていたのが、朝起きてみると陽が出ている。天気予報によれば午後から天気が崩れて雨になるという。少々寝坊したので出発は9時50分。峠は雪が積もっているはずだから、行けるところまで行って引き返すつもりだった。

ホイルはShamal Ultra。これまで使ってきたDura Ace、Eurus、BORA ONEがかすんで見えるほど作りは別格で、乗っているのが楽しくてしょうがない。
装備は完全冬仕様でウインドブレーカー、ウインターシューズカバーを着用した。

銭函あたりまで追い風基調でその先から向かい風に変わった。朝里温泉分岐の交差点まで50分弱。ここを左折して温泉街に向かう。意外に雪はない。
朝里大橋は9月に通った頃は工事中で、片側交互通行になっていたのが、いまは工事も終わっていた。ロードヒーティングが入っているらしく、完全な乾燥路面である。その先ダム記念館をすぎると、路側帯に雪が積もってくる。路面も濡れている。例の斜度がきつくなるヘアピンカーブでは、およそ12Km/hで行く。意外に速度が落ちない。手稲山のトレーニングが効いているようだ。その先のダラダラ斜面は13Km/hを維持。ただし、トンネルが見えてくるあたりで力尽きて、がくんと速度が落ちる。後は流すだけ。

最初のトンネルを超えると路面に雪がシャーベット状に積もっている。ただし走るのには支障がない。
三つ目のトンネルを出ると冬景色になる。そのまま進むかちょっと迷ったが、注意しながら峠を目指す。峠のトンネルから出くる大型トラックが水しぶきではなく、雪煙を上げていた。

と言いながら、無事に峠トンネル手前の駐車場着。記念写真をとって、ここでUターン。左足をペダルからはずして万が一に備えながらそろそろと降りていく。融雪剤をまいているので凍結はしていない。数日前にこの道路の定山渓側で大型バスがスリップして路外に飛び出すという事故があったそうだ。事故現場の写真を見たら、真冬かと思うほど雪が積もっていた。

さて、圧雪路面が終わったので左足をペダルにロックさせようとしたら、はまらない。クリートに雪がくっついている。ばんばんとペダルにシューズをぶつけて雪を払い落としてやっとロックした。

その先はいつもの通り。ただ、気温が低いときにがんばりながら上り坂を登ると思考能力が若干低下するので要注意である。

家に戻ったのが午後1時9分。妻がミートソース・スパゲティを作って待っていてくれた。今シーズンの朝里峠参りはこれにてクローズ(おそらく)。

手稲山へ2017年11月10日 19時54分16秒

休暇の最終日、午後から手稲山に向かった。天候はどんよりとした曇り空。そこからパラパラと雨が降っている。気温は9度。この季節としてはやや暖かい。上に登ったら雪かみぞれになるものと予想したが、雨だった。おかげでジャージが濡れてしまい、随分と体が冷えて難儀した。

おそらく今シーズン最後の手稲山になるだろう。妻からiPhoneを借りて記念写真をとってきた。

実は11月6,7日の両日も登っていて、8,9日は荒天のため休息日に。10月はほとんど走ることができなかったので、筋肉はもちろん、心肺も能力が落ちている。タイムなど狙えるような体調ではない。

余談になるが、6日に手稲山に向かう途中、パンクに遭遇した。買ったばかりのユッチンソンのチューブレスタイヤ(涙)。「新品のタイヤは必ずパンクする」というジンクスは、依然として健在のようだ。パンク用のパッチを裏から張ってみるとなんとかもとに戻った。

チューブレスタイヤを使う上での最も大きな障壁は、ビートを上げること。これで何度泣いたことか。たまたま今まで使っていたフロアポンプがこわれたので、◯野サイクルに出かけてブリジストン印の一番安いのを買ってきた。これもだめだろうと思いながらポンプを押してみると、意外にも一発ですんなりとビートが上がった。偶然だった可能性もあるが、うれしい誤算。

今シーズンもあと数週間でクローズとなるだろう。なんとか事故なしで最後を迎えたいものである。

朝里峠2017年09月11日 20時26分49秒

当地は9月に入り夏日が続き、意外に暑い日が続いた。と言っても夜になると涼しさを超えて肌寒く感じる。そんなこんなしているうちに、いつの間にか今シーズンも先が見えてきて、あと何回長距離を走ることができるだろうかと少し寂しくも感じる。

本日、朝里峠コースを走った。マシンは当初、中華カーボン+Shamal Ultraを予定していたが、車庫に行ってみるとフロントの空気が入っていない。よく見るとサイドカットしている。あわてて、マシンをLOOK595に交替するために準備する。

先週は手稲山に登ったあと、水曜日に小林峠を走っただけで全くトレーニングしていない。息が上がるだろうことは予想していたので、記録などはなからあてにしていない。ゆっくり行くことにする。
空を見上げると薄曇り。ときおり弱々しい日差しがさす。気温はやや暖かい。寒いと体が動かなくなるのでこれはありがたい。風は東から微風。
張碓峠にかかると、案の定、かだらが重い。先が思いやられる。
国道を左折し、工事中の高速道路を見上げながらやがて朝里温泉街に入る。今日も、朝里大橋は片側交互通行になっていて、ここで体力を使う。

本格的登りにかかる。速度上がらず。魚止めの滝までのラップタイムはいつもより2分は遅い。トンネルを超えて定山渓川の駐車場までのタイムは37分台。いまの体力をそのまま反映している。休憩せず、そのまま通過。

下りは前回の反省から、手を抜かずに速度を維持することにした。出発当初は体が重かったが、だんだん調子が出てくる。いつものように向かい風基調のコースでも苦にならない。ところどころ片側交互通行区間がある。北海道特有の事情で、冬に向かうこの季節は雇用確保のためにお役所が道路補修の工事を発注するのでこうなる。

さて集中しながら下ってきて定山渓が見えてきた時、はたとサイコンのタイムを確認していなかったことに気がついた。あわてて見てみるといつもより8分も速い。国道交差点までのラップタイム、2時間22分。これはすごい。どうしてこんなに速いのか、まったく自覚がなかったので驚いた。

川沿でまでのラップタイムは2時間53分。幸い、この先も追い風基調で速度が落ちない。気持ちにも余裕が出てくる。

自宅前ゴールタイム、3時間25分45秒。久々の好タイム。これで朝里峠の登りがもっと速かったら、20分も切るのだろうが、それはさすがに高望みというもの。今の自分にはここかあたりが限界だろう。

ところで、きょうの特記事項。
赤信号で停まっていた時、すぐ後の車にクラクションを鳴らされた。何かと思って振り向くと、左の駐車場に入るから、そこをどきなさいということらしい。お詫びの会釈をして1mほど前にバイクを進めた。ときどきこういうこともあるから、後のことも気をつけなければと思ったら、この後また同じ場面が発生した。
札幌市内に入って石山通を北上し、やはり赤信号で停まっていた時、やはり後ろからクラクション。そうか、左のマンションの駐車場に入るのか。それは気が付かなかった。すぐにまた1mほど前に進む。そうしたら、相手の運転手、こちらを向いて何やら怒声を上げている。こちらは「すみません」と会釈。と、思いきや、その車はマンションの駐車場に入らず、歩道を走って、もう一つ先のうどん屋の駐車に入っていった。「唖然」とはこのこと。笑ってしまった。そこまでしてうどん屋に急いでいたのか。

二回も同じ目に会うと、色々考えてしまう。
私の場合、赤信号の時は車の左側をかきわけて無理に交差点まで進まず、前の車の左後で停止することにしている。前に進んだとしても、すぐ先で追い越される。そうなると車にいらぬ迷惑をかけることになるからである。それが、今度は後ろから迷惑だと言われると、なんとも困惑してしまう。
自転車が社会に認知されるように、地道に安全運転していくしかない。

久しぶりの手稲山2017年09月04日 21時02分03秒

今日は朝里峠に向かうつもりで、珍しいことに昨日から準備していた。ところが、朝になってもなかなか起きられない。とうとう1時間も寝過ごしてしまった。これはいけない。疲れがたまっているのだろう。

外は快晴。西から2〜3m/sの風が吹いている。気温は暑くもなく寒くもない。走るなら絶好のコンディション。ただ一つ、体のほうが前向きにならない。

どうしようかと迷ったが、走らなければ後で後悔するに決まっている。10時半になって走る準備を始める。向かう先は手稲山。マシンは中華カーボン+Shamal Ultra。普段LOOKに搭載しているDura Aceのペダルをはずして交換。家を出たのが11時頃。

ウォーミングアップのため、いったん小樽方向に走り、ほしみ付近でUターン。今回は、心拍数を極端に上げないように前半から飛ばしすぎないよう心がけることにする。

ゴルフハウス前までのラップタイムは20分。かなり遅い。
旧研修所前までは30分を超えている。
ゴールは35分10秒。なんとも微妙なタイム。もう少し頑張れば35分切りができたのになあ。。

最近はあきらかにトレーニングが足りていなかったから、順当な結果と見るべき。

Shamal君といっしょに手稲山を走るのは初めて。期待通りペダリングがうまくなったような気にさせてくれた。