朝里峠2017年09月11日 20時26分49秒

当地は9月に入り夏日が続き、意外に暑い日が続いた。と言っても夜になると涼しさを超えて肌寒く感じる。そんなこんなしているうちに、いつの間にか今シーズンも先が見えてきて、あと何回長距離を走ることができるだろうかと少し寂しくも感じる。

本日、朝里峠コースを走った。マシンは当初、中華カーボン+Shamal Ultraを予定していたが、車庫に行ってみるとフロントの空気が入っていない。よく見るとサイドカットしている。あわてて、マシンをLOOK595に交替するために準備する。

先週は手稲山に登ったあと、水曜日に小林峠を走っただけで全くトレーニングしていない。息が上がるだろうことは予想していたので、記録などはなからあてにしていない。ゆっくり行くことにする。
空を見上げると薄曇り。ときおり弱々しい日差しがさす。気温はやや暖かい。寒いと体が動かなくなるのでこれはありがたい。風は東から微風。
張碓峠にかかると、案の定、かだらが重い。先が思いやられる。
国道を左折し、工事中の高速道路を見上げながらやがて朝里温泉街に入る。今日も、朝里大橋は片側交互通行になっていて、ここで体力を使う。

本格的登りにかかる。速度上がらず。魚止めの滝までのラップタイムはいつもより2分は遅い。トンネルを超えて定山渓川の駐車場までのタイムは37分台。いまの体力をそのまま反映している。休憩せず、そのまま通過。

下りは前回の反省から、手を抜かずに速度を維持することにした。出発当初は体が重かったが、だんだん調子が出てくる。いつものように向かい風基調のコースでも苦にならない。ところどころ片側交互通行区間がある。北海道特有の事情で、冬に向かうこの季節は雇用確保のためにお役所が道路補修の工事を発注するのでこうなる。

さて集中しながら下ってきて定山渓が見えてきた時、はたとサイコンのタイムを確認していなかったことに気がついた。あわてて見てみるといつもより8分も速い。国道交差点までのラップタイム、2時間22分。これはすごい。どうしてこんなに速いのか、まったく自覚がなかったので驚いた。

川沿でまでのラップタイムは2時間53分。幸い、この先も追い風基調で速度が落ちない。気持ちにも余裕が出てくる。

自宅前ゴールタイム、3時間25分45秒。久々の好タイム。これで朝里峠の登りがもっと速かったら、20分も切るのだろうが、それはさすがに高望みというもの。今の自分にはここかあたりが限界だろう。

ところで、きょうの特記事項。
赤信号で停まっていた時、すぐ後の車にクラクションを鳴らされた。何かと思って振り向くと、左の駐車場に入るから、そこをどきなさいということらしい。お詫びの会釈をして1mほど前にバイクを進めた。ときどきこういうこともあるから、後のことも気をつけなければと思ったら、この後また同じ場面が発生した。
札幌市内に入って石山通を北上し、やはり赤信号で停まっていた時、やはり後ろからクラクション。そうか、左のマンションの駐車場に入るのか。それは気が付かなかった。すぐにまた1mほど前に進む。そうしたら、相手の運転手、こちらを向いて何やら怒声を上げている。こちらは「すみません」と会釈。と、思いきや、その車はマンションの駐車場に入らず、歩道を走って、もう一つ先のうどん屋の駐車に入っていった。「唖然」とはこのこと。笑ってしまった。そこまでしてうどん屋に急いでいたのか。

二回も同じ目に会うと、色々考えてしまう。
私の場合、赤信号の時は車の左側をかきわけて無理に交差点まで進まず、前の車の左後で停止することにしている。前に進んだとしても、すぐ先で追い越される。そうなると車にいらぬ迷惑をかけることになるからである。それが、今度は後ろから迷惑だと言われると、なんとも困惑してしまう。
自転車が社会に認知されるように、地道に安全運転していくしかない。

久しぶりの手稲山2017年09月04日 21時02分03秒

今日は朝里峠に向かうつもりで、珍しいことに昨日から準備していた。ところが、朝になってもなかなか起きられない。とうとう1時間も寝過ごしてしまった。これはいけない。疲れがたまっているのだろう。

外は快晴。西から2〜3m/sの風が吹いている。気温は暑くもなく寒くもない。走るなら絶好のコンディション。ただ一つ、体のほうが前向きにならない。

どうしようかと迷ったが、走らなければ後で後悔するに決まっている。10時半になって走る準備を始める。向かう先は手稲山。マシンは中華カーボン+Shamal Ultra。普段LOOKに搭載しているDura Aceのペダルをはずして交換。家を出たのが11時頃。

ウォーミングアップのため、いったん小樽方向に走り、ほしみ付近でUターン。今回は、心拍数を極端に上げないように前半から飛ばしすぎないよう心がけることにする。

ゴルフハウス前までのラップタイムは20分。かなり遅い。
旧研修所前までは30分を超えている。
ゴールは35分10秒。なんとも微妙なタイム。もう少し頑張れば35分切りができたのになあ。。

最近はあきらかにトレーニングが足りていなかったから、順当な結果と見るべき。

Shamal君といっしょに手稲山を走るのは初めて。期待通りペダリングがうまくなったような気にさせてくれた。

久しぶりの朝里峠2017年08月28日 15時46分45秒

今月はほとんど休みを取ることができず、長距離を走ることができなかった。なんとか小林峠トレーニングを確保しようと思っても、これもなかなかむずかしい。仕事を早めに切り上げて走りに出かけようかと思うと、突然の来客があったり、雨が降ったりと思うようにいかない。何よりも体に疲れがたまっているせいか、自転車に乗りたいという意欲が湧いてこないのには困った。

そんななか、やっとまともに休みが取れた今日、久しぶりに朝里峠に向かった。空は曇天。数日前までの蒸し暑さも去り、涼しいくらいの気温。風は東から1〜2m/sで吹いている。マシンはLOOK595+BORA ONE。

最近、Shamal Ultraの乗り心地に感激してしまったおかげで、BORA ONEはすっかり存在感が薄くなっていた。Shamalで鍛えたペダリングをBORA ONEにも応用すれば少しは速くなるかもと期待する。

が、いかんせん、トレーニング不足の体。張碓峠を超えただけで足に疲労を感じるとは、この先が思いやられる。追い風に助けられて、自宅から45分で朝里分岐交差点を通過した。

朝里大橋は工事中で片側交互通行となっていた。白旗が降られたらスタートダッシュをかけ、26Km/hで通過。ここでまた体力を失う。

タイムを狙えるようなコンディションでないことはわかっていても一応ダム記念館からのラップタイムを測定。最初のトンネルまでのきつい斜度をヒイコラ登ったらもう足が売り切れ。調子が良いときはここから徐々に速度を上げるのだが、そんな余裕はない。3番目のトンネルを抜けたあたりで30分経過。35分切りはほとんど絶望的。結果、36分台。

駐車場に入ってバナナタイム。そういえば、ここには旧道へのゲートがあって、この先が今どうなっているのかいつも気になっていた。今日は急ぐ旅でもないので、ゲートの向こう側へミニ探検に出かけた。

新道が開通したのは1999年、それ以来旧道は閉鎖された。初めてこの道を通ったのが学生時代。あの頃は、峠付近以外は舗装もされておらず、車が通ると土埃が舞っていた。それ以来社会人になってからもずっとお世話になってきた。朝里温泉から登ってくると、頂上手前にはひどいヘアピンカーブがあって、大型観光バスが曲がりきれなくて脱輪することもよくあった。

使われなくなってからかなりの年数が経っているのに、意外に道路の舗装はしっかり残っている。両側のブッシュが道を覆ってはいるが、通行には支障がない。しばらく走ると、朝里峠頂上が見えてきた。昔、ここで軽トラックの焼き芋屋さん(だったかな)が店を開いていたのを思い出した。今よりもずっと車の量は少なく、なんだかうら寂しい感じがしたものだった。

峠を超えて朝里温泉側に行こうとしたら、残念ながらその先は舗装がはがされ、土がむき出しとなリ道は荒れていた。ここでUターン。

元の道に戻って、下りに入る。国際スキー場を右手に見て先に進むと、定山渓温泉までのコースでもっとも斜度のきつい箇所がある。ここを60Km/hで通過。
後は淡々と下るだけ。後ろには誰もいない。。はずだった。

四ツ峰トンネルまであと5分ほどのところに来た時、いきなり右側から「こんにちは」と声が聞こえてきた。見れば30歳代とぼしき、精悍なローディ。フレームはTREK。自然に足に目が行く。素晴らしい形をしている。しばらく並走しながら歓談。「来月の大会に出るんですか」と聞いてきた。「いや、そんな足はないですから」とこちらが答えると、向こうは大会のためにここでトレーニングをしているとのこと。やっぱりね。

こちらは、登りは全くだめでも、下りは少し自信があるつもりだった。それがいきなり追いつかれてしまったのだから、ちょっとめげてしまった。お相手は、大会で上位クラスに入賞する実力者に違いないと思うことにした。

お相手が前に出て、こちらが後につく。すぐにどれくらいの足の持ち主かわかる。おお、ここの場面でこんな漕ぎ方をするのか。結構勉強になる。やっぱり早い人は手(足)を抜かないできっちりと攻めてくる。

お相手は、再度峠超えをするとのことで、途中で引き返した。短い時間だったが楽しかった。やっぱり一人で走るより相手がいるとモチベーションが上がる。

さてそんなこんなして定山渓に降りて国道に出ると2時間30分ちょうど。うーむ、もしかして3時間30分切りの可能性が出てきた。
たんたんと走るが、足が痛くなってきていつものような頑張りができないところが情けない。

自宅に到着したときのサイコンの表示は、3時間33分57秒。
これは、朝里峠旧道を走った時間も加算された数字。ロスタイムは4分以上あったはずだから、実質3時間30分を切ったものと推定。疲れたけれど、結果を残せて満足。

自転車近況2017年08月23日 22時57分23秒

8月は、なんやかんやあって結局2日間しか休みが取れていない。その2日も、家のメンテンナンス工事に費やしたので、長距離走はできないままである。

走られない理由は他にもあって、からだの深いところに疲れが残り、それでモチベーションが低下しているせいもある。毎週、2〜3回、小林峠を登って帰ってくるコースでは体への負担が大きいのかもしれない。大量の汗を書き、鉄分も失われる。知らない間に貧血気味になっていた可能性もある。あわてて毎日鉄分を補給することにした。

そんな中で楽しいこともあった。
小林峠は最近急速に野生化しているらしく、2回に1回の割合で狐に遭遇する。
この間、道路上に5匹がたむろしているのを見たときはさすがに驚いた。行動パターンを観察していると、1匹は親であとは子どもたちのようである。親は「早く森に隠れなさい」と言うのだが、子どもたちは好奇心旺盛でこちらをじっと見て、森に隠れようとしない。なかにはぞろぞろついてくるものもいる。
この中の何匹が生き残っていけるのだろう。雨が降ったりすると、ふとあのキツネたちのことを思い出したりする。

小林峠アウターしばり2017年07月29日 21時10分10秒

本日の帰路も小林峠経由。今週は、月、水は走ったのだが、木 、 金と走れなかったので、体力は維持できていない。

いつも同じパターンの走り方ではモチベーションが下がるので、工夫が必要である。今回は、アウターしばりという条件を課した。小林峠をアウターで登るのは久しぶりである。

筋トレが目的なので、息が上がりすぎないよう、ペースを考える。川沿側から登ってトンネル手前のところで左に分岐を入り、旧道の登りにとっかかる。最初は、14Km/hを超えていて意外に思っていると、バス停留所手前のもっとも斜度がきつくなるあたりでは11Km/hに落ちる。

息を整えながらその先の右急カーブを曲がったら、右手の草むらからやや小柄な狐が顔を出してきた。こちらをうかがった後、別の道を悠然と歩いていった。車が走らなくなったおかげで野生の天国になったようだ。

峠手前ではダッシュをかけて20Km/hを超える速度でフィニッシュ。その先は速度を出せる余裕が残っていない。流しながら下っていく。

最近、ペダリングの質が変化してきたおかげなのか、下ハンドルを握るのが苦でなくなってきた。これまでは、速度を出す場面で空気抵抗を下げるために下ハンドルを握っていたが、体に負担を感じて長続きしなかった。

それが、Shamal Ultra君のおかげで太もも裏と中殿筋を使うペダリングを意識するようになったら、いつの間にか下ハンドルが苦でなくなってきた。これはおもしろい。
ところで中臀筋と書いているが、本当に中殿筋を動かせているのか自信がない。ただ意識しているのは腸骨の動きである。腸骨自体が力を発揮するわけではないが、腸骨を意識していると自然に中殿筋が発動するのではないか。なにかそんな感触がある。