朋あり遠方より来る2015年12月07日 10時44分29秒

11月23日。友人来る。

その友人とは、大学時代同じ学部で学んだ仲。いまは某医療機器メーカーでPETの開発しているのだそうだ。なぜかしらないが、彼とは気があったらしく、あれから30年以上いままで連絡を取り合ってきた。

今回あちらもこちらも日程が合い、我が家に来てくれることになったので、予定の時間に駅まで迎えに行った。しばらく待っていて、駅から出てきたのを見ると、一人ではない。二人である。
なんと、彼はもう一人の学生時代の友人を誘ってきたのだそうだ。そのもう一人の友人とは大学卒業以来である。二人でサプライズを企画したのだとか。その彼は、某市で高校の先生をしている。

妻もこの二人のことはよく知っている。私たちが結婚を決めた時、妻が住んでいたマンションにお祝いにかけつけてくれた仲間たちだったからである。

その高校の先生、写真が趣味だと言ってカメラを持参してきた。カメラメーカー主催のコンテストにも入賞したとか。妻は大いに興味をそそられて、即席の写真教室の雰囲気に。今までカメラのことは興味がなかったが、オーディオや自転車と同じで、カメラが違うとこうもちがうのかと感心しきりである。

掲載の写真はその友人が妻の演奏風景を撮影したもの。カメラはシグマ製とか言っていた。

そのうちに、これまでたどってきた道についてそれぞれが自然に話すことになった。
聞けば、友人たちにはそれぞれの艱難辛苦があったという。それを乗り越えて今の自分たちがいる。そんなことを考えいると、若かったときとはまた違って、それぞれの友人たちへの親しみが深められていく思いがしてきたのである。

我が家にも「光」が2011年04月30日 20時31分49秒

 希望の光という意味ではなく、NTTの光フレッツのこと。NTTに発注してから待つこと2週間、やっと工事完了。今まで砂嵐の画面しか見られなかった(それもNHKのみ)。これでテレビがきれいに映るようになった。ちょっと感激した。

 ただし奥様から注文が。テレビ用の同軸ケーブルが光端末からうねうねと部屋の中でとぐろを巻いている。非常に見苦しいからなんとかしろ、とお怒りだ。ごもっとも。なんとかしなければ。

引っ越しした2011年04月14日 22時17分20秒

 今週の月曜日、M沢地区に引っ越しした。もともと自分の家だったのが、仕事の都合で東京に移ることをきっかけに他の人に貸していた。その方も昨年3月にほかに移られ、この1年間空き家になっていた。いろいろな事情が重なって今回の引っ越しとあいなった。

 引っ越し作業も結構疲れる。年齢には勝てないものだ、と妻と語り合っている。おかげで自転車はお休み。ここ数年、連続して4日以上自転車に乗らないということはなかったような気がする。今日で5日も乗っていない。元に戻すのにまた時間がかかりそうだ。天気はよいし、暖かくなってきているのに。。

 かつての自分が住んでいた家なのに、なぜかまだ慣れない。何気ない日常の所作でとまどったりする。家自体も建ててから16年も経過しているので、水回りを中心に少し手を加えなければならないところもある。毎日、仕事から帰ってくるとドライバーやスパナを持ってコツコツやっている。

 ところでこの家、隣の家が山側にせまっているせいでBSが映らない。この際、時代の最先端を行く(?)「フレッツ光」にしようと思ったら、待てど暮らせどNTTから連絡がこない。どうなっているのかしら?

妻による似顔絵2010年12月30日 18時00分54秒

 我が家も遅まきながら年賀状を書く季節がやってきた。毎年、ぐずぐずして年の瀬も押し迫った頃に妻と険悪な雰囲気になりながら書き上げる。

 我が家の年賀状には、いつも妻の手書きで家族三人と猫一匹の似顔絵を入れることになっている。わたしの顔はこんなふうになった。記念に載せておこう。

WE420Aが壊れた2007年05月17日 12時27分16秒

 現在、メインシステムのI/Vコンバータを作成中だ。サブシステムでの成功を気をよくして、さらにバージョンアップしようと、差動増幅段にはFETではなくWE420Aを使うことにした。WEのあの独特の味わいが忘れられないのである。

 昨夜、差動増幅段が組み上がったので動作確認のつもりで真空管を二本差し込み、電源を入れた。しかし、光っているのは片側だけで、もう一本は暗いまま。でも管壁に触れると暖かい。熱いほどだ。不思議に思った。

 タイマーが作動し、全電圧がかかった状態になったのでテスターで電圧を測定した。片方は正常動作。しかし、もう一方は電圧が出ない。青ざめた。真空管をはずして外観を観察した。ピンの根本からクラックが走っている。壊れていた。おそらく、取り外しをしているうちにピンにストレスがかかり、ガラスが割れたのであろう。がっかり。およそ10年間、苦楽をともにしてきた相棒だったのだが。。

 とにかく予備を補充しなければどうにもならない。「エイフル」では5000円となっている。ああ、高いなあ。