我が青春の思い出2018年03月12日 19時28分02秒

「学生時代、映画に出演したことがある。」と言うと驚かれるが、もちろん「その他大勢」、いわゆるエキストラというやつである。出演作は写真にある高倉健主演の「え◯」。(題名は写真で確認してください)

どんな役で出たのかは、恥ずかしいので秘密にしておく。一瞬だけ私の顔がアップで映っている場面がある。

どうしてこんなことになったのか。学生時代、寮に住んでいた。あるとき寮の先輩のつてでエキストラ募集の話が舞い込んできた。当時私は大学にも行かず、その暇を持て余していたところ、たまたま映画のおもしろさに開眼して市内の映画館をめぐりながら名作と言われるものをあさっていたときだった。撮影現場を見てみたいという好奇心がわいてきて、すぐにこの話に乗った。実入りもいいし、ホテルの朝食付きとくれば腹が減っている学生には天国この上ない。

出かけていったところが今の大通り西11丁目にあるビル。そこで銀行にたてこもった犯人と機動隊、高倉健扮する刑事の取引場面が撮影された。

撮影場所はそこだけではなく、翌日は銭函駅にも行って、あやうく犯人に狙撃される機動隊員の役をさせられそうになったが、確か助監督さんが代わりにやったと思う。

そして最終日は、立て替える前の昔の札幌駅構内に場所を移動。朝日が上る前であたりがまだ薄暗かったことを覚えている。私は乗客のひとりという役回り。列車が駅に到着し、乗客が列車から降りるシーンが撮影されたのだが、本編ではカットされていた。たぶん、私がキョロキョロ不審な動きをしたからに違いないと、そのことが今でも心に重くのしかかっている(大げさ)。

撮影準備が整うまでホームで待っていたときのことである。私のすぐ横に高倉健さんが立っておられた。映画でみるのと同じ雰囲気。さすがスターと呼ばれるだけあって独特のオーラを醸し出している。もっとすごかったのは、隣におられた共演のいしだあゆみさん(確か和服を着ていた)にポットからカップに注いだコーヒーをそっと無言で差し出したこと。それを見て、真の気配りとはこのことかと人生の勉強になったが、妻にはついぞできなかったのはかえすがえすも無念である。

そんな思い出のある映画なのに、映画館では見たことがなかったし、DVDも持っておらず、何年か前にテレビで放送されたときに観ただけであった。ところが、私が行っている学校の生徒にこの話をしたら、先日の卒業式でDVDをプレゼントしてくれた。記念に写真を撮っておく。

エンジンオイル交換2017年11月04日 12時29分23秒

電気と自転車関係は得意なのだが、クルマとなると苦手意識があった。今回、初めて自分でエンジンオイルを交換したので、次回のためにメモしておく。

必要なもの
1)エンジンオイル 粘度 5W-30 4リットル
2)廃油ボックス(4.5リットル用)
3)ドレンワッシャ(内径20mm)
4)メガネレンチ 17
5)じょうご(使い捨ても売っている)
6)ゴム手袋
7)ウエス
8)パーツクリーナー

メガネレンチはトルク計がついたものがベストだが、実際にやってみるとどこまで閉めればよいかが感触でつかめる。ただし時間をおいてからオイル漏していないことを確認しておくこと。

パーツクリーナーは、車体に付着したオイルを拭き取るために使う。これをしておかないと、エンジンが温まってから異臭がする可能性がある。

エンジンオイルはきっちりと4リットルで間に合う。ただしフィルターを交換する場合は4.5リットル必要らしい。今回はフィルター交換しなかった。

30分程度で作業が終わったが、やってみると思ったより簡単。ジャッキアップ時の安全対策だけは怠らないように。

YouTubeで見つけた素敵な音楽2017年08月04日 22時29分48秒

曲も素晴らしければ演奏もすばらしい。そのうえ、YouTubeなのに録音も目をみはるほど臨場感にあふれている。

東京出張2017年07月17日 17時30分51秒

10〜12日、東京へ出張。
行く前は気が重かった。あの暑さと湿気は、からだにこたえる。

17年前、某社で働いていたときは社有機(Beechcraft 300 King Air)で札幌ー埼玉間をほぼ毎週移動していたこともあった。夏場に桶川にあるホンダエアポートに降り立ち、外に出ると、途端に眼鏡が曇り、一気に湿気がからだにまとわりついたものだ。あの頃は、それでもがんばれた。

今回の行き先は、奥多摩。JR青梅線で登っていく。この時期に毎年開かれる研修会に出席するためである。懐かしい同僚、先輩後輩に出会い、また先生方と再会し、少し元気をもらってきた。

札幌に戻ってくると、、、東京と変わらない暑さ。昨年は帰ってから体調を崩したが、今回は無事である。ただ仕事が忙しく疲れがたまったこともあり、今日の休日は家でおとなしくしていた。

奥多摩に行くと、必ずローディが坂道を登っていくのに出くわす。斜度はそれほどきつくなさそうだが、東京都内でこれだけ自然に囲まれて走られるのは貴重である。ただ、道路幅が狭く、おまけに大型ダンプがかなりの頻度で走っているので、結構緊張するはずだ。

大型ダンプは山の中にある採石場から砂利を運び出している。昨年に比べると、台数がかなり増えている模様。これも東京オリンピックの影響だろうか。

朋あり遠方より来る2015年12月07日 10時44分29秒

11月23日。友人来る。

その友人とは、大学時代同じ学部で学んだ仲。いまは某医療機器メーカーでPETの開発しているのだそうだ。なぜかしらないが、彼とは気があったらしく、あれから30年以上いままで連絡を取り合ってきた。

今回あちらもこちらも日程が合い、我が家に来てくれることになったので、予定の時間に駅まで迎えに行った。しばらく待っていて、駅から出てきたのを見ると、一人ではない。二人である。
なんと、彼はもう一人の学生時代の友人を誘ってきたのだそうだ。そのもう一人の友人とは大学卒業以来である。二人でサプライズを企画したのだとか。その彼は、某市で高校の先生をしている。

妻もこの二人のことはよく知っている。私たちが結婚を決めた時、妻が住んでいたマンションにお祝いにかけつけてくれた仲間たちだったからである。

その高校の先生、写真が趣味だと言ってカメラを持参してきた。カメラメーカー主催のコンテストにも入賞したとか。妻は大いに興味をそそられて、即席の写真教室の雰囲気に。今までカメラのことは興味がなかったが、オーディオや自転車と同じで、カメラが違うとこうもちがうのかと感心しきりである。

掲載の写真はその友人が妻の演奏風景を撮影したもの。カメラはシグマ製とか言っていた。

そのうちに、これまでたどってきた道についてそれぞれが自然に話すことになった。
聞けば、友人たちにはそれぞれの艱難辛苦があったという。それを乗り越えて今の自分たちがいる。そんなことを考えいると、若かったときとはまた違って、それぞれの友人たちへの親しみが深められていく思いがしてきたのである。