サブシステムSA-12にInfineonを投入2016年08月24日 21時29分59秒

 妻が使っているオルガンシステムのパワーアンプはCounterpoint SA-12の大幅改造版である。これまでB電源とヒーター電源の整流にはCREEのSiC BSDを使ってきた。

 しかし、メインシステムでInfineonの優位性が証明されたことから、サブシステムの整流ダイオードも入れ替えることにした。まず最初に手をつけたのがDAC。これについては5月23日付けの記事で報告済み。

 エージングが進めば音が良くなるかと予想したが、妻からはなんの反応が返ってこなかった。妻の耳は鋭いから現実を認めるしかない。

 次に手をつけたのが、SA-12。1ヶ月ほど前にB電源とヒーター電源両方のダイオードをInfineonに交換した。交換直後は、「がさがさする」とクレームが出たが、もう少し我慢するように言い含めて、エージングが終了するのを待った。

 その妻から今朝、開口一番「音が良くなった」と評価がくだった。オルガンをいつまでも弾いていたいと思うほど、心地よい音がすると言うのだ。

 妻からもInfineonダイオードの優位性が認められたことにより、評価の客観性がまた向上したことになる。まずはめでたい。

 この結果から、DACのダイオード交換の時に効果が認められなかったのは、パワーアンプがボトルネックになっていたことが推測される。ダイオードの影響は恐ろしい。

 写真は、SA-12に入れ込んだヒーター電源用ダイオードの実装の様子。手前に写っているのはロシア製オイルコンデンサ。

 ところで、こうしていまはすべての整流ダイオードを交換したことになるのだが、気がつくとジャンク箱にはCREEのダイオードが山積みとなっていた。

サブシステムにInfineonを投入2016年05月23日 20時47分17秒

 妻がオルガン練習に使っているDACは、ボルテージフォロワ型レギュレータを使っているため、まれに発振することがある。なんとか応急措置でしのいできたが、不具合が起こると妻がオルガンを弾けなくなり、そのたびにひどく落胆する。

 これはいかんということで、先週16日にレギュレータを更新することにした。2016年5月2日付の記事にあるTaylor Follower Regulatorである。

 そのついでに、整流ダイオードも全てInfineonに交換した。全部で12個である。

 あれから1週間経過したが、不具合は無く安定している。ただ、エージングには3週間ほどかかるはずなので、音はこれから良くなっていくだろう。

サブシステム その後2011年11月16日 13時24分14秒

 NEC CDP-816にDEMリクロッキングをインストールした直後、妻は出てきた音を聞いて浮かない顔をしていた。

 しかしそれから数時間後、電源を入れたままにして再度聞きなおして、妻の表情が変わった。わざわざスピーカーの前に椅子を置き、妻にしては珍しく大音量でバッハのオルガン曲を鑑賞している。そして言った。「さっきとぜんぜん違う。」

 サブシステムは二階に置いてある。階下にいても、最初の頃と比べものにならないほど進化しているのがわかる。

 最初は音量を上げてもか細い音しか出ず、がっかりしたものだ。それが今はダイナミックで空間が見えるような音が出てくる。
 
 妻は最後にこう言った。「あなたのステレオよりもずっといい音がする。」

 がーん。細かいことを言えば欠点だらけのサブシステムだが、妻の意見に反論できない。私もそう思うからだ。
 良い音を出そうとこれまで日夜苦労を重ねてきたのに、こんなジャンク寸前の装置に負けてしまったとは。何が原因なのだろう。また悩みの日々が続く。

 写真はCDP-816の内部全景。

TDA1541A DEMリクロッキング2011年11月15日 20時34分15秒

 クロックを交換した勢いに乗じて、DEMリクロック・ユニットもインストールした。写真はその様子。上がDEMリクロックだ。ついでに、TDA1541Aの-15Vとオペアンプのマイナス電源のバイパスコンデンサを電解からOSコンに交換。

 妻に交換後の印象を聞いてみた。「高い音が、がさがさしている。前よりも聞きづらくなった。オーディオは難しものね。」

 その原因はOSコンにありと推測している。「音がなじむまで2週間くらいかかるよ。」と答えておいた。

 CDPの改造はこれで終了とする。妻が心安らかに音楽に浸るために、何度も改造を繰り返す訳にはいかない。「昨日と同じ音が出る。」これも大切な事だ。

 DEMリクロッキング技術については、すでにDiyaudioで議論が展開されている。個人的にはTDA1541Aのパフォーマンスを最大限に引き出すための優れた技術だと思うのだが、なぜか日本のdiyerでこれを試したという話は聞かない。

クロック交換2011年11月15日 13時49分10秒

 妻のためのサブシステムに手を入れている。今回は、NEC CD-816 のクロック交換。このCDPは定石に則って、デジタルフィルターのICに水晶が直付けされ、IC内部のゲートでクロックを発振させている。これがジッターの根源ともなっていて、音に多大な影響を与えていることは、すでに公知の事実である。

 そこで今回、手元にあるコンパレーター(LT1016)を使って、データシートに掲載されている回路図そのままでクロック発振回路を作り上げた。

 最初はきちんとコルピッツ発振回路でやりたかったのだが、手持ちのトラではうまく発振しなかったため、このようになった。

 昨夜、CDPに移植。一夜たって、妻がCDを聞いて驚いた。音が変わったけれど、どこを変えたのかと聞く。「ながら」で聞くのが難しくて、思わず耳が音楽の方に引きつけられると言う。ふむふむ。先入観なしの家人が語る評価は貴重である。

 なんだか最近、我が家はクロック祭りと化しているような状態だ。

 次の改造のテーマは、TDA1541AのDEMクロックと決めている。ユニットは私のシステムで使ってきたもの。改造手順もそれほど難しくはない。これでまた大きく音が変化するはずである。