試作10号 その4(水晶発振子 3個シリーズ接続)2020年08月05日 21時47分32秒

水晶発振子が本領を発揮するまでかなり時間がかかると聞いたことがある。普通の部品のエージング時間は、およそ500時間と考えるのが一つの目安である。ところが水晶発振子は、それを超えても変化し続けている。落ち着くまで24時間連続稼働でも半年はかかるのかもしれない。

ただ待つのも芸がない。気になっているところに手を入れることにした。
B電源の整流素子である。これまではまず正常動作を第一目標に置いたので、手元にあったInfineonのSic SBDを使っていた。写真がそれ。
裏面はこうなっている。左側の赤い基板がGaNを使った理想ダイオードブリッジで、ヒーターの定電流回路を構成している。
SiCダイオードをはずして、新しく入れたのがGaN(GS66502B)をダイオード接続したもの。今回は変換基板を使わず、そのままユニバーサル基板に直付けした。消費電流が少ないので発熱を気にする必要がない。念のため非接触センサーで温度を測定してみたが、室温とほとんど変わらなかった。
回路図にするとこうなる。
音はどうなったか。
入れ替えてから3日経ったあたりはひどかった。何か間違ったかと思うほど低い周波数域がでないで、高い周波数域にエネルギーが偏る。これはいつものことなので気にしない。今日でちょうど1週間経った。だいぶ落ち着いてきた。

予想はしていたことだが、SiCダイオードから大きな変化があった。一層音が透明になり、生々しさが増しただけでなく、同じフェーダー位置であるのに、音のエネルギーが押し寄せるように感じる。
音楽のジャンルは問わない。YouTubeであろうがCDであろうが、ストリーミングであろうが、この効果は全く同様である。

交換前、低音が膨らんで鈍さを感じていて、こればスピーカーのせいであろうと思っていたのが、コントラバスの空間を波のように漂うかのような雰囲気まで表現できるようになった。これを聞いて、以前までの音がわずかに歪んでいたことに気がつく。

GaNを使う場合、変換基板が必須で、その点が敷居を高くしていた。今回のように変換基板無しでも実装できるとなれば、だいぶ使いやすくなる。

真空管のピンを磨く2020年07月26日 20時48分18秒

ずっと以前から真空管のピンのことが気になっていた。真空管アンプを作り始めた頃は、こまめにピン磨きに励んだものであったが、なにせMT管ともなると作業が細かくてどうしても面倒になる。最近はすっかりご無沙汰してしまっていた。

しかし、抵抗一個には何を使うか神経を使ういっぽうで、ピンのことはぞんざいな扱いというのは、あまりにもバランスが悪い。何かよい方法はないものかと思っていたら、偶然和光テクニカルのメタルクリーナーが目にとまった。どれほどの効果があるのか、?であったがそれほど高価なものでもないので試しに購入してみた。
能書きを読むと、刷毛で塗ってから綿棒でこすり、あとは水洗いすればよいとある。やってみるとすこぶる作業は容易である。あっという間に終わった。
こと後、和光テクニカルのチタンオーディオオイルを塗るのが定石のようであるが、今回は手元にあったエレクトロルブを塗った。15年以上前にある方から譲っていただいたもので、残りはわずかになってしまった。

さてその効果は。。次の写真を見ると一目瞭然。ティッシュペーパーに微粒子状となった汚れが付着している。これほどとはと驚いた。
今回磨いた真空管は、ラインアンプの13D2が2本、パワーアンプのWE420Aが2本と、WE412Aが1本、そしてクロック発振器のWE404Aが一本。果たして音はどう変化しただろうか。

真空管をそれぞれの位置に戻して電源を入れる。一聴して、低音がすっぱり切られて出ていないとわかる。これでは評価ができない。キャノンコネクタを一度挿抜しただけで音が変化するくらいだから、これはいたしかたない。24時間放置して再度評価することにする。

そして翌日。すっかり音が変わっていた。これを聞いて初めてこれまでの音が、高い周波数域の音がにじみ、わずかに潰れかかって歪んでいたことに気がついた。そして低い周波数域の音に関していえば、団子状になって気になっていたところが、よくほぐれて細かな音階が聞こえるようになった。

作業の簡便さに比較して得られる効果は絶大である。

試作10号 その4(水晶発振子 3個シリーズ接続)2020年06月29日 13時12分16秒

Laptech水晶発振子を使ったクロック発振器。どのような部品を使ったのか少しずつ解説していく。

まずは心臓部にあたる真空管はWE404Aを使った。
これを購入したときはパワーアンプの初段に使うことを考えていた。それが巡り巡って発振器に使うことになるとは。。とはいえ、もともとRF用の五極管なので発振器にはぴったりである。
アンプも真空管のメーカーによって音が違うのだから、当然ここに別のメーカー品を使えば、たとえ性能が同じでも音が変わるはずである。

続いて定電圧放電管であるWE427A。定格は100Vで、微量ながら放射性物質を含む。またスターター回路を必要とするところも特殊である。製造にも手間がかかっているし、回路に実装するときも他の定電圧放電管に比べ手間がかかるわけで、それでもこれが必要とされたのだから、もしかして軍事用であったのかもしれない。
真空管を収めた棚には生涯使い切れないほどストックがある。

試作10号 その3(水晶発振子 3個シリーズ接続)2020年06月17日 21時18分50秒

音はどうか。前回も少し書いたが、試作9号から大きく変化した。
最も最初に感じたのは、「真空管の音」ということだった。

半導体アンプと真空管アンプの音の違いについては、いまや誰も異論をはさむ人はいない。しかし発振器に使う増幅素子の違いがアンプと全く同じように音に反映されるとは、ほとんど誰も考えたことがなかったのではないか。

これは出てくる音を聴いて初めてわかることであって、半導体素子を使った発振器だけ聴いていたのでは絶対にわからなかっただろう。

いま「ほとんど誰も考えたことがなかった」と書いたが、実を言えばあまり正確な表現ではない。eBayではabbasaudioさんが真空管式クロック発振器を出品しているし、少し昔になるが海外のAH!オーディオが2004年頃にすでに発表していた。しかし、AH! オーディオに関してはなぜか続報がないのは残念である.


話を元に戻して、WE404A+Laptech水晶発振子が出す音の特徴。
最もわかりやすいのはフェーダーの位置が変わったことである。同じアルバム、音源をかけているのに音量をそろえようとすると少なくとも3dBほど絞らなければならない。
次にわかるのは、音量を絞っても音痩せがなく、小音量でも満足度が高いこと。音に「重量感」が満ちていて、色彩感が濃い。私がWestern Electricに抱いているイメージそのままである。

これまで発振器といえば、なによりも低位相雑音が至上命題であって、それ以外の評価基準はないに等しかった。もちろん位相雑音は大切な評価基準であることは間違いない。しかし、ことオーディオの世界では、それだけでは語り尽くせない何かがあると感じる。
この音の特徴をどう表現したら良いのだろうか。どこかで誰かが書いていたような気がする。「アナログでもデジタルでもない。これは第三の音である。」

20年ほど前、デジタルに宗旨替えしたときは、LPレコード・アナログオーディオの音にいかに近づけるかが目標であった。確かに手を加えるたびに近づいてきたという感触はあった。

しかし今回は違う。私の中にあるアナログの音の基準を飛び越えてしまった。音が良いとかどうかはもうどうでもよい、といったら語弊があるだろうか。とにかく人間の魂に語りかける暖かさがある。
Bupei様から「どんな色彩感でしょうか」という問いかけがあった。
我が家の食卓テーブルの照明は、30年前からPHランプが気に入ってこれを使っている。何年か前に松下電器が電球の生産を止めると聞いたときはがっかりした。もちろんいまはサードパーティ製が出回っているのでそれを使っている。LED照明全盛の時代にこれにこだわるのは、まさに電球でしか出せない色彩感があると信じるからである。

半導体発振器がLED照明なら、試作10号機は色彩感に富む電球色。そんな風に表現したい。人が心を込めて歌う歌が、聴くものの心にしみわたる。

すばらしい発振器に出会った。もうルビジウム発振器が欲しいとは思わない。妄念が一つなくなっただけで生きるのがずいぶん楽になる。とは言え、妄念が完全になくなったわけではないので、本当に楽になるのはまだまだ先だろう。

試作10号 その2(水晶発振子 3個シリーズ接続)2020年06月17日 20時20分37秒

回路図だけでは実感が湧かない。そこで実機の様子を公開する.
まずは外観から。
ご覧の通りにAMPHIONのマークがある。これは、以前にK様から譲っていただいたもので、造りが精巧で手に持つとずしりと重い。これだけでもすごい値段だろう。おかげさまで我がオーディオルームのなかで最も高級感あふれた存在になった.
次に電源トランス。ヒーター電源とB電源に分かれている。
少しカメラを引いて、トランス周辺の様子。
ヒーター電源の整流には理想ダイオードブリッジを使っている。当初、どこに実装するかでちょっと悩んだ。結局、トランスを載せている基板の裏側に張り付けることにした。組み立ててしまうと表に見えない。
B電源の平滑回路には15Hのチョークを入れた。ふつうならシャーシに取り付け穴を開けてネジ止めするだろう。ところがAMPHIONのシャーシ厚が5mmもあるので、簡単に穴開けできない。なんとか既存の穴を利用することにしたので、ちょっと斜めになっている。
続いて電源回路の全体。向かって左側がB電源、右側がヒーター定電流回路。基板の右上側にGaN素子であるGS66502Bが見える。
基板からもっと上側に目を向けると、白いものが見える。発振回路のメイン基板は、このポリエステル布に包んでいる。
メイン基板を横から見る。黒いシールドの中にはWE404Aが入っている。
最後にメイン基板の裏側を見る。
5月26日から24時間通電をしているので、すでに500時間経過している。