Circlotron サークロトロン 途中経過2017年04月26日 21時20分51秒

手元にある部品を使って、もっとも安定に動作する回路を探していったら、結局Amazing Circlotronに行き着いた。オリジナルの回路に関しての説明は検索するとすぐにヒットする。以下の回路図は、私なりにアレンジした現行の回路図。

作ってみると、名前の通り実にAmazingである。理由は二つある。一つは回路がこれ以上削れないほどシンプルであること。そして二つ目は、シンプルでありながら、音が良いこと。これ以上、なにが必要なのか。そう思わせるほど魅力にあふれている。
終段はGaN素子である GS66502B。GaN素子のデジタルアンプへの応用は、すでに発表されている。アナログパワーアンプへの応用は世界初か?

ところが、手放しでは喜べない問題が発覚。予想はしていたが、スイッチング電源のノイズが音を汚しているのが如実に聞こえてしまう。妙な付帯音が聞こえたり、ざわざわしていて妙に腰高であったり、耳が痛くなるような刺激的な音がしてきてこれには閉口した。

対策はしてみた。使っているスイッチング電源は、TGKラムダのVS50B-24。

これの二次側整流ダイオードをCREEのSiCに入れ替え、同時にファインメット・ビーズを挿入。

効果はあった。しかし、それでも大勢は変わらない。さてどうするか。徹底的にノイズ対策をしていくか。しかし、経験がない。難儀することが予想される。今大切なことは、GaN素子の能力がどの程度あるのかを突き止めることである。電源の問題で台無しにしたくはない。まずは初心に帰って、アナログ電源を構築することに決めた。 4つのフローティング電源を用意するのだから、それなりに物量が必要となる。少しずつ準備していこう。

さて、音の評価はどうか。
スイッチング電源の問題は抱えてはいるが、これまで使ってきたTaylor型パワーアンプを凌駕していることは確認できる。透明感がすぐれていながら、音が前に出てくる。癖というものをほとんど感じさせない。真空管パワーアンプと互角に渡り合える能力はあると感じている。

ただしTaylor型パワーアンプが劣っていることではない。おそらく終段の素子に使ったIRFP240とSCT2160KEがネックとなっている可能性がある。特にSCT2160KEはCissが1200pFもあってオーディオには向いていないのではないかと疑っている。それでも使ったのは、ただ部品箱にあったからという理由だけであって、本当はいますぐにGaNに入れ替えたいくらいである。

ただAmazing Circlotronがあまりにも簡単にできてしまったので、Taylor型パワーアンプを改良する気力が失せてしまった。誠に申し訳ないことだが、我が家のパワーアンプの座はCirclotronに交代することになる。
余談ではあるが、今回使ったスイッチング電源は4台で3000円であった。こんな安い電源でこれだけの音が出るのだから、ある意味では驚異的とも言える。こんなことがあるから世の中おもしろい。

Eckmiller MR90 フェーダーボックス完成2017年04月21日 18時28分31秒

某工房さんに1月にお願いしていたフェーダーボックス。先日やっとできたと言って届けてくれた。

早速、図面と照らし合わせてサイズを確認。ピッタリで間違いなし。頭で描いていたイメージと全く違わない。SketchUpで3次元図面を書いていたおかげだろう。

ところが問題発生。ノイトリックのコネクターをはめようとしたら入らない。ノイトリックが出している図面を見たら直径が2mm不足していたことが判明。ツメの甘さを露呈した。ノイトリックのコネクターは複雑な形状をしていて、本体部分はすっぽり入るのだが、出っ張り部分が邪魔をしている。その形に合わせてボックス側を彫刻刀で削ることで解決。

EckmillerのMR90を載せ、Western Electricのワイヤーで配線して無事完成。記念撮影をする。


Circlotron サークロトロン その後2017年04月17日 22時00分53秒

サークロトロンは、その後いろいろとスクラップ・アンド・ビルドを繰り返し、試行錯誤状態が続いている。

回路は単純だから、それなりに動作はする。しかし、こまかな改善点が見つかって、その対策を考える。ある意味では失敗の連続でもあるが、それによってGaN素子(GS66502B)の性質が見えてきたり、サークロトロンの要点がわかってくるから勉強になる。

途中経過は省略して、現在の状態は写真の通り

実は左右のチャンネルで回路が異なる。左はトランスを使い、右はJFETを初段に使っている。ゲインが違うのは仕方がないが、意外なことに、それほど大きな音の違いがない。おそらく終段の素子が音に対して支配的なのだろう。

現在の試聴風景。

使っているスピーカーはダイヤトーンのフルレンジP610。これが予想外にいい音をだす。音が弾む。「P610って、こんなに低音が出て、ダイナミックだったろうか?」と、信じられないくらいのいい音だ。後のホーンシステムがなくてもいいのでは、と一瞬思ったりする(笑)

まだ回路をいじっていく予定なので、ホーンシステムに接続するのはもう少し先になる。とにかくフルレンジでこんな音が出るのだから、おそらくメインのパワーアンプに置き換わるだろうと予想している。それほどの可能性を秘めた音だ。

Circlotron サークロトロンへの挑戦2017年03月22日 19時06分29秒

現在使っているTaylor型パワーアンプは、原理としてA級増幅しか構成することができない。そのためアイドリング電流以上の電流を供給することはできないわけではないが、なるべく避けた方が良い。

今回、Altec 416-8Bを並列接続にしたことによりインピーダンスが低くなったのでパワーアンプの電流供給能力は切実な問題として浮上してきた。
これを機会に以前から実現したいと思っていたことに挑戦することにした。サークロトロンである。この回路の詳しい説明は例えばTubeCADなどにあるので省略。
回路は実にあっけない。これで動くのかと言うほど単純である。これはオリジナルではない。範としたのは、http://www.audiodesignguide.com/にある、Hi-end Balanced Circlotron Hybrid Amplifierである。

トランスは一次が40Ω、二次が600Ωなのでこのアンプを駆動するには、低インピーダンス出力のプリアンプが必須となる。
サークロトロンは、二つの独立したフローティング電源を使うところに大きな特徴がある。今回は実験的な要素もあるので、スイッチング電源で済ますことにした。コストは1/10、スペースや重量も格段に小さくなるので、肩肘張らずに挑戦できる。

そして今回の目玉は出力段で、ここに念願のGaN素子であるGS66502Bを使う。負の温度係数を持っているので、温度補償は不要のはずである。これは実験で確認する。

おそらく来週以降に姿が見えてくるだろう。

Gauss HF-4000 調整中2017年03月21日 20時50分10秒

入手したHF-4000はリード線とターミナルが腐食していたので、Western(レプリカ)のワイヤーに入れ替えた。
裏フタがワイヤーを挟まないように、かつダイアフラムにワイヤーが触れないように、慎重に布線の位置を調整する。
一度はずしたダイアフラムをネジ止めする際にセンター出しが大変になるのだが、このドライバーはセンターがあっけなく決まって拍子抜けするほどだった。6個あるネジを対角線に移動しながらゆっくりと締めていくだけである。その際、400Hz程度のサイン波を入力してボイスコイルが磁気ギャップに接触していないことを確認する。

作業が終わったドライバーをホーンに取り付け、817Bの上に載せる。重いので腰を痛めないように。
次の作業は、クロスオーバーネットワークの調整である。
途中経過を省いて、現在の設定は以下の図のようになっている。
主なポイントは。。
1)416-8Bはこれまでシリーズ接続としていたが、問題が多いことがわかったので、パラ接続に変更した。
2)HF-4000の減衰抵抗は当初2Ωから始まって、結局5.23Ωでバランスが取れた。
3)クロス周波数は400Hzあたりの設定としている。ホーンのカットオフ周波数が340Hzなので、常識ではもっと高いところにもっていくべきなのだが、大音量を出すわけではないので、とにかくこれで様子を見てみる。
4)ネットワークは最初並列型に戻した。調整を繰り返しバランスが整ってきたところで直列型にしてみた。ほとんど変化が聴き取れなかったのでそのままにしてある。

ウーファーをパラ接続したことで最低インピーダンスが4Ωを切る。今使っているTaylorパワーアンプのアイドリング電流が700mAである。通常は問題がないのだが、大入力信号が入るのは好ましくない。ここは手を打つ必要がありそうだ。次の課題とする。

さて、音はどうか。
まだハンダ付けが落ち着いていないので少し癖が残る。ウーファーは時間が経つにつれ徐々に低音が豊かになり、音もこなれてくる。まだまだ変化しそうだ。
中低域から中域はさすがである。中身がぎっしりと詰まっている。それが音楽の楽しさを倍増させる。
これを聴くと、Radian 850BPは音はきれいで悪くはないのだが、中身が薄く貧血気味であったと気がつく。


さて話変わって、これまでどこをいじってもエージング時間が異常にかかってしまうという現象に出くわしてとまどっていた。もしかして、ウーファーをシリーズ接続していたために音のエネルギーが高い方に偏っていたのが原因かもしれない。

Radianを使っていたときは2Wayで全く不満はなかった。しかし、HF-4000にすると弦の高原の風のような涼やかな音が薄れる。さすがにツイーターが必要だ。次なる目標とする。