張碓峠往復2019年03月11日 21時53分26秒

雪が降らない。毎年、シーズン契約で家の周囲の排雪を業者にお願いしているのだが、今年は2月中旬以降持って行く雪がない。数年前は、記録的大雪で排雪作業が追いつかないこともあった。雪の多寡にかかわらず料金は同じ。今年は元を取れずに終わりそうだ。

先週の月曜日は仕事が入って走ることができず、やっと今日、張碓峠まで往復走行となった。インフルエンザは治ったと思っても身体へのダメージは相当あるようで、昨日まで食欲がいまひとつであったり、やたらに眠くなったりが続いた。そんなわけで、体調がよければ朝里峠のトンネル手前あたりまでは走りたかったのだが、我慢することにした。

路面はほとんどドライで、雪解け水があってもお尻をぬらすほどではない。風は東からやや強く吹いていていて、おかげで小樽方向に向かうときは楽ちんだった。

毎年のシーズン初めがそうであるように、登り坂になると速度を上げることができない。ただ、これは三本ローラー練のおかげだと確信しているのだが、ペダリングが滑らかなのには少々驚いた。心肺と体幹さえしっかりできたら、昨年よりも速度が5%はアップするのではないかと密かに期待している。

自宅に戻ったら途端に雨がぱらついてきた。すぐにシャワーを浴びる。どんなに防寒装備しても足先と手の末端が冷える。熱いお湯をかけるとじんじんしてきた。

さて、今シーズンはなによりも事故なくけがなく安全に、そして楽しく走りたいものである。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://john.asablo.jp/blog/2019/03/11/9046155/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。