今シーズン初 朝里峠一周コース2019年04月01日 15時18分18秒

天気予報では曇り、北寄りの風、最高気温5℃。体調はまずまず。ただ前日までの疲れもあって7時30分起床になり、出発が大幅に遅れた。目指すは朝里峠。峠の駐車場で引き返すか、そのまま一周するかは決めていなかった。トンネルの凍結状態と体調で判断するつもりで出発した。

外に出てウインドブレーカーを着用するかどうか迷う。走っているうちに暖まるだろうということでポケットにしまった。

道路はほぼ乾燥状態。峠付近がわずかに濡れていたくらい。朝里温泉分岐まではちょうど50分。この季節としてはよいペース。しかし登りにさしかかるとガクンと速度が落ちて、筋力のなさを露呈する。よい兆候なのは、心肺が比較的楽だったこと。この一週間、三本ローラーでほぼ毎日走っていた成果だろう。

峠のトンネルは入り口付近に吹き込んだ雪が若干あって凍結もしているが、ごく短い区間に限られる。ほかは融雪剤がふんだんに撒かれていて乾燥状態。これなら大丈夫と判断し、一周コースを選択。

峠を下りて国際スキー場前を通過。スキーヤーがいるゲレンデの目の前をロードバイクが疾走(?)していくのは絵になりそう。

そのまま順調に下って四峰トンネルに入る。入り口は全く雪がなく拍子抜け。そのまま問題なく出口まで行くかと思ったら、驚くモノを見てしまった。このトンネルは常時壁面からの漏水があって路面が濡れていることは知っていた。なので路面が凍結している可能性だけは頭に入れていた。だが、漏れ出した水が凍って壁面に見事に発達した氷柱を見たときは思わず声を上げてしまった。トンネル天井の照明に照らされてキラキラ輝いている。美しいと思う前に、路面が凍っているリスクを考えてしまい、こちらも凍りつきそうになった。幸い何事もなく通過したのでほっとした。

その先のトンネルも凍結なし。無事に通過。国道に降りてきて一時停止し、羊羹を補給。手が寒さでかじかんでしまい、うまく処理できない。だいぶ冷えてしまった。風花まで舞ってきた。ウインドブレーカーを着ようかとも思ったが、やっぱりそのままで走る。おそらく気温は2〜3℃くらいではなかっただろうか。ボトルの水は凍らなかったが、からだが暖まらず汗が出ない。後で思い返せば、あそこでウインドブレーカーを着るべきだったかもしれない。

その先はいつもの通りで特記事項なし。リザルトは3時間45分。シーズン初めだし、気温が低かったのでこんなものだろう。

帰ってみると、妻が白だしでつくったうどんを用意してくれていて、冷えたからだにとても心地よかった。

このシーズン大いに助けられているのが、おたふく手袋のボディタフネスである。これが優れもので、安価でありながら保温性能が高いし、汗をかいてもべっとり肌に張り付くこともなく快適この上ない。当初、何も考えずにハイネックを買ってしまい失敗したかと思ったが、首から冷気が入りにくいので5℃以下の気温であればむしろこちらの方がよいかもしれない。

朝里峠一周コース2019年04月08日 18時53分18秒

昨夜、摩耗したリアのタイヤ(ハッチンソン チューブレス)を外し、新しく届いたばかりのIRCに交換。作業してちょっと感動した。話には聞いていたが、石けん水など塗らなくても普通のフロアポンプでビートが簡単に上がる。あまりにも簡単にエアが入るので、何かの間違いかと戸惑うほどだった。これまで、どんな工夫をしてもビートが上がらずで何度泣いてきたことか(涙)。。その点、IRCは素人目にも造りの精度が高いように見える。もっと早く使っておけば良かったと後悔。今朝になって空気圧を確認。若干低くなっていたが、これなら問題ない。

予報によると、最高気温7℃、晴れ、北西の風7m/sec。8時30分に自宅を出発。

外に出てみると小雪がぱらついている!迷わずウインドブレーカーを着用。空はなぜか曇天。風も強いので体感気温はやや低く感じられる。朝里分岐まで向かい風が続く。ラップタイムは前回より3分ほど遅い。

朝里ダム手前の駐車場でトイレタイム。ついでにウインドブレーカーを脱いで後ろポケットにしまう。ここからようやく日差しが出てきた。

登りにさしかかると、両脇には前日に降ったと思われる新雪が積もっていた。路面は乾燥しているので走行には全く問題ない。ただ今日はペダルを踏んでも前に進みにくいと感じる。後で体重を量ったら1.5Kgほど太っていた。やっぱりね。

かように足は目一杯だが心肺は楽なので、峠のトンネルが見えたときはもうついたという印象。そのトンネル。トンネル入り口付近にかなりの雪が積もっていて路面も凍結していた。加速しようとしたらリアが空転したときは驚いた。先週よりもトンネルの状態はシビアになっている。

ただこの先のトンネルはまったく凍結はなくほとんど乾燥状態。問題なく国道まで降りてきた。ここで5分間の補給タイム。

途中、小金湯の先にある道路情報館(実に不思議な建物で、なんのためにこれがあるのかよくわからない)に寄ってトイレタイム。汗が出ないので、今回は尿意を催しやすい。この先はずっと向かい風。石山通を北上するときは、コンディションがよければ40Km/hを維持できるのに、今日は27Km/hがやっと。おまけにピットがすごくて、ライン取りに気を遣う。

そのほか特記事項はなく、今日のリザルトは3時間45分50秒。向かい風に悩まされた割には、前回とほとんど同じタイム。喜ぶべきか微妙。

走ってみてのIRCチューブレスタイヤの印象だが、貧脚の私にはハッチンソンと大きな差があるようには感じられない。強いて言えば、剛性は高いけれど、柔らかい。矛盾するような要素が高いレベルでバランスしていると見た。

新しいハンダを買った2019年04月08日 19時23分23秒

これまでのハンダ歴だが、K式アンプの信者だった頃からずっと千住金属のスパークルハンダ70を使ってきたのを、数年前にアルミットのKR-19に宗旨替えして、そのハンダのノリの良さに感動した記憶がある。

そのアルミットも残り少なくなってきたので新規購入をしなければならなくなった。同じアルミットにするか、それともほかに乗り換えるか。ずっと以前からKesterの名前は聞いたことがあった。そこでラジオ技術のバックナンバーをひっくり返すと、石塚峻氏がKesterのSn63を強く推奨する記事が見つかった。氏によれば、同じKesterでもSn63以外は使えないそうだ。そういうことでちょっと高価ではあったがKesterのSn63を買った。

ハンダ線を曲げてみるとアルミットと比べてやや堅く感じられる。融点温度も少し高いかもしれない。

しかし、大先輩たちが絶賛するように、ハンダのノリは抜群。固まった後の光沢の美しさは例えようがない。使っていて気持ちがよい。アルミットがまだ少し残っていたけれど全く使う気がなくなった。

Circlotron2 その15 スキームを変える2019年04月15日 21時52分09秒

結論から言うと、終段ドライブをMOSFETから7963に変えてみたが、どうやっても現象は変わらない。終段のアイドリング電流を0から徐々に上げていき、およそ50mAあたりになると突然暴走して大電流が流れ、すぐに保護回路が動作する。保護回路が動かない場合でも1.9A付近に張り付き、アイドリング電流は調整不能となる。やがて焦げください匂いがしてきて、調べてみると出力端子とグランドを結ぶ抵抗(これによって仮想グランドを実現する)が熱くなっている。

この現象をシミュレーションで再現しようとしたのだが、私の知恵ではどうしてもできなかった。だが、必ず原因があるはず。これは推測の域を出ないのだが、カソードフォロワー(ソースフォロワー)から終段のフローティング電源を見ると、電源のインピーダンスが高くてドライブ段の電流が流れにくくなってしまうためではないのか。カソードフォロワの電流をグランドに直結するとまったく問題がないのがその根拠。ただ、この方法では出力電圧が大幅に制限されるのと、それがいやならマイナス電源をもう一つ用意する必要があり、それではあまりにもおおげさなので採用は諦めた。

となればスキームを大幅に変えるしかない。それが電流ドライブ。
よく考えると、前作のAmazing Circlotronも電流ドライブである。なんのことはない。いらぬ遠回りしたあげく、落ち着くべきところに落ち着いたということか。

回路図はほぼできあがり、雨となった本日、写真の通り基板を作り直した。表面の部品の配置は終わり、裏面の配線作業は明日以降となる。

Circlotron2 その16 - WE420Aの動作点について-2019年04月15日 22時18分35秒

初段に使うWE420A動作点をどうするか。データシートを見る限り、かなり広い範囲でプレート電圧を設定できる。しかしそれが設計の自由度が高いことを意味しない。必ず適切な動作点があるはず。

MJ誌のバックナンバーを繙くと、K氏が有益な情報を公開していた。「プレート電圧が低いときに必要な電流を流そうとするとG-K間電圧は小さくするしかなく、それに伴いグリッド電流が流れやすくなって不具合が出る。なので、プレート電圧を高くする。」K式アンプの回路図を見ると、プレート電圧は300V、G-K間電圧は2.1Vと読める。

いままでシミュレーションで正常に動くので、深く考えずに設計を進めていた。今回、終段ドライブがトラブり、再設計になったおかげで初段も見直すことができたのは僥倖であった。
二段目は2SA1967によるフォールデッド・カスコードとし、このコレクタ電流で終段をドライブする。

さて、こんどこそうまく動いてほしいものだが。。