Panasonic VP-7723A その7 修理完了2017年12月23日 21時43分01秒

74HC14が届いたので早速交換した。
写真は故障したものをはずした状態。念のために隠れているパターンを記録しておく。

これまで何度も裏切られてきたので、期待半分、諦め半分、なんとも複雑な思いをかかえながら電源を入れる。

結果。無事に測定値が表示されるようになった。内臓発振器の出力を直接入力して歪率を測定した様子が写真。仕様では80KHzのフィルターをかけた場合、 20〜15KHzの範囲で0.001%以下となている。実機では、フィルターを掛けない状態でも0.00077%となっていて仕様を満たしている。
ADコンバーターが壊れていなかったことは、不幸中の騒いであった。これが壊れていたら代替部品の入手は難しく、完全なお手上げになっていた。
ちょうどこの時期、よいクリスマスプレゼントになった。今夜はぐっすり寝られそうだ。
総括するとこうなる。
・手に入れたアナライザーはデジタル回路には大きな不具合がなかった。ネット情報を鵜呑みにしてSRAMを交換したが、よく考えればお粗末な対応だった。そもそも、オークション出品時の説明では「歪率以外の測定ができる」との説明だったのだから、その時点でデジタル回路は問題なしと判断すべきだった。

・故障していたのは以下の部品
NJM311
74HC138
74HC14
・パターン切れが一箇所
・経年変化で劣化していた部品
バックアップ電池
電解コンデンサも劣化していたようだが、前オーナーが全て交換してくれていた。
・故障はすべてアナログ<ー>デジタルの橋渡し部分に集中していた。

オーディオアナライザーの修理は初めての経験で、だいぶ手こずったが、終わってみるといろいろなことを学ぶことができた。
特にデジタルとアナログの共存回路で、精密測定機能をどのように実現するのか、設計屋の苦労が伝わってくるようで、おおいに興味をひいた。ポイントは、フォトカプラを使って徹底的にデジアナを分離すること。これはDAコンバーターの設計に大いに役立てることができる。

オークションでは、同種のアナライザーが大量に放出されていて、落札された方はおそらく同じような苦労を経験するはず。故障診断のポイントを幾つか。
7セグLEDになにも表示されない場合は、CPU周りの故障が疑われる。
歪率が測定できない症状は、NJM311の故障が疑われる。
200Vとか-200Vを表示する症状の場合は、74HC138もしくは74HC14の故障を疑う。
厄介なのは故障の原因が二つ以上ある場合で、古い機種ではしばしば経験する。あわてず騒がずじっくりと腰を据えて、細かな記録を残しながらあたるしかない。

この勢いに乗って、机の中にあった部品で先日作り上げたアンバランス->バランス変換アンプの歪率を測ってみた。0.03%もあってこのままではどうも具合が悪い。作り直しになりそうだ。

コメント

_ ダンベルカール ― 2017年12月24日 08時34分54秒

お見事な修理すごいです!おめでとうございます。

_ Kon ― 2017年12月24日 18時58分10秒

ありがとうございます。
今回は、CPUとADコンバーターが載っている基板のうちのアナログ系の故障だったのでなんとか追いかけることができました。これがデジタル系の故障だったなら、おそらくバンザイしていたでしょう。
いずれにしてもジャンク品にはリスクがつきものです。この程度の作業量で済んだのは幸運だったかもしれません。

_ colorKonan16 ― 2017年12月24日 21時48分04秒

修理完了、おめでとうござます。私もVP-7723Aの修理に挑戦中ですが、症状は異なるタイプ(デジタル系)でした。典型的なバックアップ電池の液漏れ、それに伴うSRAMの不調が主原因でした。ただ、温まるとフリーズするという症状が残っていて、原因を調査中です。(色んな故障の症例が蓄積すると役立ちますね。)

_ Kon ― 2017年12月25日 16時50分48秒

はじめまして。コメントをいただきありがとうございます。
なんだか、VP-7723A修理の掲示板になりつつありますね(笑)

暖まるとフリーズということは、どこかの素子が壊れかけているか、あるいは接触不良をおこしかけているのかもしれません(あてにはなりませんが)。怪しいところに急冷スプレーを吹きかけてなにか変化があるか試してみたらどうでしょうか。

直してみると本当に便利な機械だと感じます。
がんばってください。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://john.asablo.jp/blog/2017/12/23/8753946/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。