Panasonic VP-7723A その22017年12月13日 21時52分29秒

バックアップ電池とSRAMを交換した。結果。症状に変化なしorz。

もっと悪いことに、交換した直後に電源を入れたら測定値が200Vもしくは-200Vを表示したまま動かなくなった。これを見た時心が折れた。

しばらく放っておいたが、気を取り直して原因調査に乗り出した。回路図がないので、観察される現象から頭を働かせて推理するしかない。

当初、現象が出たきっかけがSRAM交換だったので、そのあたり周辺を疑ったが、何も出てこない。

次に目に留まったのがA/D コンバーター周辺。ジャンパー線が数本走っている。最初は工場出荷時の修正かと思っていたのが、どうも前オーナーが修理した跡のようだ。よくよく目を凝らしてみると、パターンが切れている。おやおや?なぜ切れたのかは不明。わずかにサビが浮いているのは見えるのだが。とにかくジャンパー線を新たに追加して修復。ところが現象は変わらず。

仕方がないので面倒だがA/Dコンバーター周辺の接続を入力から追うことにした。入力信号はまずコンパレーターに入る。オシロで信号が入力ピンに入るところまで確認。次にコンパレーターの出力を確認するも、Highに張り付いたまま変化しない。NJM311が故障と判明。すぐに部品手配。壊れているのがこれだけなのかはわからない。ほかも道連れにしている可能性もある。

コメント

_ ダンベルカール ― 2017年12月14日 18時23分25秒

茶色の電解コンデンサも交換されたもののように見えます。90年ごろの面実装電解コンデンサはよく漏らすそうで、その電解液でパターンやICまでやられたのかもしれません。難しい故障のようですね。
ヤフーオークションにまだたくさん出ていてウォッチしていましたが、Konさんのブログを読んで入札はやめることにしました。オークションを見ているとVP-7723A/Bは故障品がたくさんでてきます…

_ Kon ― 2017年12月14日 22時10分35秒

初めまして。コメントをいただきありがとうございます。
ご推察のとおり、パターンがやられたおかげで幾つかICが逝ってしまったというのが真相のようです。

ある方から、修理は非常に難しいから動作品を求めたほうが良いと忠告をいただきました。
入札取りやめは良い判断だと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://john.asablo.jp/blog/2017/12/13/8747813/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。