YAMAHA JA-4202を導入する2017年06月13日 22時14分09秒

Gauss HF-4000を入れてから、ツイーターの必要性を感じていた。最初は同じGaussの1502を候補に考えたが自信がない。そこで、スピーカーに造詣の深いFさんにアドバイスを求めたところ、1502には否定的なご意見であった。

その代わりに候補に挙げていただいた最初のものが、Electro VoiceのT-350。ただ、以前に聞いた印象ではあまり心に残るものはなかったとのこと。

その次に教えていただいたのが、YAMAHA JA-4202。え、そんなツイーターがあったっけ?ネットで検索しても使っているという情報がない。というか、出物が少ない。しかし耳の良いFさんの推薦である。ある日、某オークションで出品されるのを発見。ただし、値段が高め。だれも入札しない。値下げして再出品されたものを、競合者もおらずそのまま落札。我が家にやってきた。

前回、Gaussドライバーのことがあったので、どんな状態で届くかちょっと緊張する。おそるおそる、中を開けて確認すると、非常に状態が良い。やっと安心。

現在、0.47uF/200Vのテフロンコンデンサでローカットした状態で聴いているが、他とのバランスが良好で、レベル調整は不要のようだ。

ツイーターがシステム全体に与える影響については、かの小泉氏も力説しておられたが、まさにそのとおりで見違えるようである。音に生命力が宿ると言ったら良いだろうか。

サークロトロンのエージングの熟成度が上がるのに合わせて、このツイーターの底力がますます発揮されてくるだろう。良いものを教えてくれたFさんに感謝する。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://john.asablo.jp/blog/2017/06/13/8594971/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。