ラインアンプ WEST CAPを追加2016年09月05日 20時12分35秒

 エージングを開始しておよそ500時間経過。
 数日前までは低い音が引っ込んでいて、高い方にもまだ違和感が残っていた。今日になるとだいぶ低音が出るようになってきて、ベースがぐいぐいと迫ってくる。しかし、全体にまだ音がかたい。やはりあと1週間は熟成を重ねる必要がありそうだ。

 そんな中、ヒーター電源周りに少し手を加えた。
 以前、Analog親父様からチョークトランスの入り口にWEST CAPを入れたらどうかとのアドバイスをいただいていた。暑い日が続いていたので、なかなか半田ごてを握る気になれない。1週間ほど前に重い腰を上げてWEST CAP 0.68uFを入れた。
 なお、それまでついていた10uF(Black Gate)ははずした。

 そのついでに、ヒーター関係の配線でダイエイ電線を使っていたところをWestern Electricの21AWGエナメル銅線に入れ替えた。本当はアンプ本体の配線も全て入れ替えたかったのだが、さすがに暑さには勝てそうもない。宿題とすることにした。

 改造直後は高い方に寄った音だったので、24時間経過するのを待った。出てきた音を聴いて、「にんまり」。なんというか、音が澄んで、耳にやさしいばかりでなく、音楽が楽しい。心を震わす音に一歩近づいた。

 Black Gateもいまだに根強い人気があり、決して悪いコンデンサではない。ところが、そのBGさえもかすんでしまうほどWEST CAPはすばらしかった。Analog親父様、貴重なアドバイスに感謝申し上げます。

コメント

_ Analog親爺 ― 2016年09月06日 21時33分36秒

こんばんは。たびたびの台風お見舞い申し上げます。
 400V0,68μFですか、小生も未だ手にしたことがありませんが、(0,47μFまでしか)BGよりは効くと思います。(容量が足りた場合ですが)。
 いま、調整中のアンプ、チョークの前にケミコン10μ350Vに+してナイトロニクス4μF600VオイルとWEST-CAPオイルコンデンサー0,47μFを足しておりますが、試しにケミコンを外して、オイルのみにしてみたいと思います。

_ Kon ― 2016年09月22日 12時34分11秒

いつもコメントをいただきありがとうございます。
今回のことは、たまたまこちらの環境でのことであった可能性があります。Analog親爺さまの参考になるかどうか、大変心もとないところです。もしなにも変わらなかったり、悪くなったときにはご容赦ください。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://john.asablo.jp/blog/2016/09/05/8170937/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。