Driscoll 型OSC 開発録その12020年02月03日 20時53分45秒

andrea_moriさんが、diyAudioにおいてフォーラムを開設したときに書いた趣旨を読むと原回路を忠実に再現することよりも、優れた水晶発振子を使って誰でも高性能の発振器を作れるようにすることを目的にしたと読める。実際、彼が配布しているOSC基板はDriscoll型であると称しているが、Driscollの特許に書かれている原回路と比べると似て非なるもので、この基板をDriscoll型を称するのはどうかという疑問が湧く。

とは言え、確かに制作は比較的に容易であって、出てくる音もすばらしいとなればandrea_moriさんの努力には感謝しなければならない。

andrea_moriさんの基板をいじりながらいろいろ発振器の初歩を学ぶことができたので、次の目標としてDriscollの原回路を再現してみることにした。

世の中は実に便利で、Driscollの特許は世界中どこでも誰でも閲覧できる。この特許文の素晴らしいところは、回路について詳細な解説がついていることで、おおいに参考にさせてもらった。ただし斜め読みだが。明日から大腸のポリープを取るために数日間入院するので、病院のベッドで詳細を読むことにしている。

いきなり回路を組むのはさすがに躊躇した。というのは、これまで使ったことのないトロイダルコアが登場するからである。ここはまず、定番の「定番トロイダル・コア活用百科」でお勉強。45MHz帯に最適なトロイダルコアとしてT-50-10(黒)を選定する。

一次側のインダクタンスを1uHとすると、巻き回数は18回。このあたりの計算もネットに出ていて実に便利。2次側はシミュレーションによれば0.05uHがよいとのことで、4回巻きとなる。
途中経過を省略すると、実際に動作するようにいろいろ調整した結果が次の回路図。

回路図のC4 5pFは実際にはエアバリコンになっていて、発振出力が最大になるように調整する。ただしmaxに合わせると発振停止することもあるので、微妙にmax一歩手前で止めておくのがコツのようだ。
なお断っておくが、Driscollの原回路には二個のダイオードを使ったリミッタ機能とフェライトビーズがあるが、今回は未実装である。これについては今後研究する予定である。
具体的な実装の様子については次の欄で。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://john.asablo.jp/blog/2020/02/03/9209994/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。