試作9号 その5 (水晶発振子 3個シリーズ接続)2020年05月17日 22時08分49秒

実装の様子。画像の左下に3個の水晶発振子が見える。

肝心の音はどうか。
水晶発振子を2個から3個に増やしたところで変化はそれなりだろうと予想していた。だが、出てきた音は大きく変化している。今はエージング中なので客観的な判断は難しいという留保付きで、それでも言えることは、一つ一つの楽器が混濁することなくまるで目に見えるかのように「そこから」聞こえてくること。もうこれ以上何かすることが残っているのだろうか。そんな気持ちにさせられるほど。改めて「時間軸」の精度がどれほど大きな影響を与えるのかを思い知らされる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://john.asablo.jp/blog/2020/05/17/9247914/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。