NHKのニュースを見て2011年04月09日 21時05分40秒

 昨夜のNHKニュース番組を見ていたら、大阪大学の先生がこんなことを発言していた。「今までは事故が起きないように対策をすることに重点をおく、そのような設計思想だった。しかし、これからは発想を転換して、事故が起きたら同対処するのか、そのような考え方に転じる時期に来ているのではないか。」

 これを聞いて、ちょっと感動した。私が思っていたことを代弁してくれたと思った。しかし、その後がいけなかった。その先生曰く。「例えば、外部電源を失っても大丈夫なように、そのための対策をあらかじめおこなっておくことです。」

 たしかにそのとおり。しかし故意なのか時間がなかっただけなのか分からないが、もっと重大な事故については触れずじまいだった。
 冷却水を失って炉心が溶融するようなシビア・アクシデントが起きることも想定して対策する必要があることは、今や誰もが認めることだろう。国も電力会社も考えたくないことかもしれない。コストが膨大にかかるからだ。でも、事故が起きたときの対策をあらかじめ考えると言うのなら、そこまで踏み込まなければならないはずだ。

 今回の福島ケースは海外からも高い関心をもって注目されていると言われている。この事故からいろいろなことを学んでもらって、今後の原子力政策について真剣に議論してもらいたいと思う。

 日本はかつて世界で唯一広島・長崎で核爆弾の被爆を経験した国であり、深刻な原子力発電事故も経験してしまった。世界に向けて、いつか自分たちが経験したことを語ることになるのだろう。そのことが少しでも多くの人達の幸いのためにプラスになることを信じたい。

福島第一原発事故2011年04月03日 21時39分55秒

 この事故に関連してネットを検索したらある方がこんなことを発言していた。「自動車事故より原発は安全だ。」なぜなら、「自動車による死者は年間5000人で、日本の原発事故の死者は、これまでゼロ」だからそうである。すごい論理である。頭の良い人が書いたらしくて、頭の悪い私には理解できないままだ。理解出来ないのは多分私の責任なのだろう。
 それでも、ない頭を絞っていろいろなことを考えた。ブログに書くのはためらわれたが、こんな世の中だからこそ書かずにおられない気がしてきた。

 福島の事故が起きてから「反原発」や「脱原発」の意見は日増しに高まってきている。「原発推進派」の勢いは見る影もない。一方、今の原発の安全性を高めながら使い続けるべきだという「現状維持派」のかたも当然おられる。
 
 私の立場を公にしないまま議論をすすめるのはフェアではないだろう。正直に言えば、私はこれまで「あいまいな反原発のような者派」であった。つまり心のなかでは原発に不安を感じながら、明確な意思表示もせず、原子力によって発電された電気エネルギーの恩恵を積極的に享受してきたということである。たとえば過去に原発で事故のことが報道されると、すぐに第三者的な立場に立ち、電力会社の隠蔽体質を批判したり、「原発は怖いね」とひとこと言うばかりの、「罪のない電力消費者」を演じてきたのである。悪いのは国の原子力政策であり電力会社であって、自分たちは何も悪くない、そう思っていた。おそらく多くの方も同じようなことではなかっただろうか。
 
 このような態度は、電力を消費する側にとっては極めて居心地がよく、原発問題から目を背けるための良い口実となったのも事実である。しかし今回の事故のことをきっかけに、これまでのあいまいな態度を改めなければならないと思うようになった。

 では、どのようなスタンスに立つべきなのか。従来の議論では極端に言えば「反原発または脱原発派」と「原発容認派」の二つに分ければことが足りた。しかし、今回の事故とのことを考えていうくちに、原発の問題を単純に二つの意見に分けて考えることは無理があるように思えてきた。

 こういうことだ。原発で発電された電力を消費してきた私たちは原子力発電所のことについてどれだけ知っていただろうか。専門家がしきりに「日本の原発は世界一安全です」と言ってきたのを、鵜呑みにしていつの間にか「安全神話」にあぐらをかき、何も知ろうとしなかったのが本当ではないのか。だから一旦今回のような事故が起きると、「政府や電力会社にだまされた」と言っいうような極端な反応に終始してしまう。中には犯人探しにやっきになったり、中傷まがいのことや、電力会社の寮にいやがらせをする人まで現れる始末である。これは明らかに何かがおかしい。

 何が間違っていたのか。原発は人間が作ったものだからどんなに対策を施したとしても重大事故を起こす確率はゼロにはならない。技術者なら、当然わきまえている設計思想である。「想定外」の千年に一度の地震と津波であろうが、事故は起こるべくして起きたのである。そもそも、原発設計仕様書には事故発生確率をゼロにしろと書かれていないし、もしそんな仕様書を書く技術者がいたら笑われるだけである。

 つまり原発であろうが車であろうが、事故が起きる確率はゼロではない。すべてはそこから出発すべきである。それ以外のところにスタートラインを設けようとするなら、それは誤りである。そしてまさに私たちはこれまで誤ったスタートラインに立って議論してきたのではないか。つまり「絶対に安全である」というスタートラインである。

 ついでに言っておけば、専門家たちは今回の事故を「想定外」という言葉で説明しようとしているけれども、非常に違和感を感じる。言い方が間違っているのである。今回のような津波に襲われることを想定していなかった。それは事実であろう。それが問題ではない。問題なのは、「この原発はここまでのリスクを想定して設計しています。しかしその想定を超えた事態が起これば、重大事故が起こる可能性があります」と説明してこなかったことである。「絶対安全神話」を持ち出して、原発設置に懐疑的な人たちを説得してきたそのつけが今まわってきたのだ。「想定外」という摩訶不思議な言葉で責任をあいまいにするのではなく、素直にその非を認めるというのが技術者のモラルではないだろうか。

 「絶対安全」というところから出発すると物事が非常に単純で分かりやすくなるというメリットがある。事故は起こらないはずだから、シリアスな事故が起きたときのことを想定する必要がない。重大事故が起きたときのための計画や準備をする必要がない。つまり極めてコストが安くなる。それに何よりも、消費者は安心できるし、原発を受け入れる地元の方々も安心出来る。こんなすばらしいことはない。

 しかしこの論理が破綻していたことは、今回の事故で誰の目にも明らかになった。ならば、私たちが取るべき選択肢はひとつしかない。正しいスタートラインに立つことだ。原発事故は起こりうるという前提にたって議論しなければならない。原発を設置すること、運転すること、保守すること、廃炉のコスト、その後の処理費用、使用済燃料の処分、被曝のリスク、事故が起きたときの被害、あらゆるリスクを全部オープンにして、それを消費者である私たちがまず理解することから始まる。これらのリスクを理解した上で、原発の是非について決断するというのが、私たちの責任ではなかったのか。残念なことだが、少なくとも私はこのような責任ある態度を回避していたと言わざるをえない。

 既存の原発をすぐに止めることは現実的ではない。これからも運転するしかないだろう。でも今まで通りというわけにはいかない。重大事故が起こる確率はゼロではない。不幸なことに、今回の事故でそのことが証明されたのだから、誰も否定することはできない。千年に一度であろうが一万年に一度であろうが、日本の原子力史約40年という比較的短い期間に事故が起きたのだから、決して小さな確率ではなかったはずだ。重大事故が起きることを想定して、そのための準備をするしかない。膨大なコストがかかるだろう。電気料金も高くなることも避けられない。これらのリスクを引き受けてでも原子力発電を推進しようとするものはどれだけいるだろうか。そもそも誰かが言っていたが、経営として投資に見合うリターンが得られるのかどうかはなはだ疑問である。

 考えたくないことかもしれない。しかし、私たちは否応なくそのような生活スタイルを選択していたのである。嫌なことから目をそむけることはできないのだと、今回の事故が教えてくれている。

あれから2週間2011年03月26日 09時45分40秒

 震災発生からの一週間は、目の前で起きている事実を受け入れることができず、おろおろ慌てふためいていた。今でもどこかに、これは夢ではないのかと思っている自分がいる。ここ数日、少し落ち着きを取り戻しつつあるとは言え、なお心が沈んだままである。

 東京電力福島第一原子力発電所のことでは、事故発生当初からテレビにかじりつきながら、最悪の事態になることを想像して、緊張し続けた。放射性物質が放出され、拡散し、次々と避難地域が拡大して行くにつれ、そんなことは今まで考えたこともなかったのに、日本との行く末が心配になった。自分は老いていく者として我慢ができても、若い人たち、子供たち、これから生まれてくる赤ちゃん、この人たちの未来は私が若いときに考えていた未来とは全く異なるものになるのではないか。そう考えただけでも、心はますます暗くなるばかりであった。

 毎日、各地で測定された放射線量が発表されている。水道水からも放射性ヨウ素が既定値を超えて検出されているところもある。普段なら大問題で大騒ぎになるであろうに、意外なほどに人々は冷静に受け止めているように見える。なぜだろう。政府は[すぐには健康に影響ない。であるけれども念のため、あらかじめ○○の処置をお願いする。」と繰り返している。

 昨夜、栃木に住んでいる友人から電話があった。彼は仕事がら放射線管理者の資格を持っていて、実験室の放射線を定期的に測定しているのだそうだ。その彼が、こう言って驚いていた。「今は、実験室の中よりも、外の方が放射線レベルが高くておよそ1マイクロシーベルトなんだよ。」
 今や、日本人は1マイクロシーベル程度では驚きもしなくなった。むしろ「ああ、良かったね。少なくて。」とさえ思っているのではないか。

 戦争の時、人々が戦争を日常のものとしていつの間にか受け入れていったのはなぜだろうと不思議に思ったことがあった。今の日本の状況と同じだったのだ。最初はちょっとした小さな放射性物質の漏洩でも大騒ぎし、非難をしていた人たちが、今やおとなしく静かに日常を送っている。おそらく心の中にはこんな思いがあるのかも知れない。「東北の被災者たちのことを考えたら、自分たちはまだ恵まれている。我慢しなければ。」

 敗戦から66年経っても日本人の感性がそんなに変わるものではないのだろう。このことの評価は両面に分かれる。人々と苦しみを分かち合おうとする人間としてのすばらしさ。ひどい状況に陥っても忍耐しながら、解決の時を待ち続ける我慢強さ、という美点。一方、真の問題から目をそらしてしまい、結局責任の所在がうやむやにされていく言い訳にされてしまう部分もある。

 戦後、「一億総懺悔」と言った人がいたそうだ。今回の事故のことも、「みんな悪かったのだ」と言って、済ますのではなく、いったい何が問題だったのか、徹底的に考えるべきではないだろうか。電力会社や国が悪いと、まるで自分には責任がないかのように言い捨ててはならない。私たちは何かをごまかしてきたのではないか。電力会社や政府が強調する「安全神話」をどこかで疑っていながら、目の前の便利な生活を追い求めることを優先し、そのつけを東北の田舎町に押しつけていた、そう面があったことを誰が否定できるだろうか。

 今日の新聞で、原子炉1〜3号機ともに、配管のどこかに亀裂が発生している可能性があると報じている。燃料棒が破損し、高濃度の放射性物質を含んだ冷却水がそこから漏れだしているらしい。中央制御室までは電気が通じたらしいが、冷却ポンプを動かすまではかなりの困難が予想される。
 原子力発電所を稼働させる限り、作業員が被曝することは絶対に避けられない。そのような事実は闇から闇に葬られ、ほとんど表に出てこない。おかしなことだ。どうして隠すのだろう。どんなリスクであれ、表に出して、その上で「それでも原子力発電所が必要だ」と言うのか、それとも別の選択肢を選ぶのか、そのような作業を私たちは怠ってきたのではないか。