GaNを使った単段アンプ ブレッドボート篇2021年02月07日 20時14分50秒

自転車をシングルスピード化したついでに、アンプもシングル・ステージ(単段)に挑戦することにした。
このジャンルでは、Nelson Passが考案したZenシリーズがなんといっても有名だろう。同じことをしてもおもしろくない。今回は、GaN素子を使ってどこまでできるか試すことにした。

そこでまず回路を考えた。
ラインアンプはバランス出力なので、バランスで受けられるように、UTCのトランス(1次600Ω、2次5KΩ)を使う。
能動素子にGS66502Bを採用したところが今回の目玉の一つ目。そして二つ目は、ドレイン負荷には定電流回路や抵抗ではなく、チョークを採用したこと。ドレイン電流はとりあえず800mAとした。
実際に動くかどうかブレッドボードを作った。まず最初は、トリテックの空芯コイル2.2mHを2個直列したものをチョーク負荷にした。
こんな単純な回路なのに、ちゃんと音が出たことにまず驚いた。インダクタンスが小さすぎるので低音がでないところは予想通り。

そこで次に電源トランスをチョーク負荷に使ってみることにした。測定してみると20mH程度あるが、電流が流れるともう少し小さくなるかもしれない。
インダクタンスが大きくなったので低音が出るようになり、NS-10で聞く限りではバランスは整っている。ただ、空芯コイルに比べると音が濁っているというのか、なにか不純物が混じったように感じる。

今回のブレッドボードの結果から、単段アンプには大きな可能性があることが見えてきた。ただ、回路が単純であるために部品一個一個の性能が大きく影響する。本編では是非空芯コイルを採用したい。

ということで、次に空芯コイルの自作に挑戦する。目標は100mH。さあどうなるか。

空芯コイル負荷に対するNelson Passの評価2021年02月07日 21時16分39秒

diyAudioを検索したら、つぎのような記事を発見した。
Nelson氏の投稿記事

およそ1Hの空芯コイルで試したところ、素晴らしい結果が得られたという。1000フィートのマグネットワイヤで1Hの空芯コイルをどうやって作ったのかとちょっと疑問は感じるが、とにかくこれを読んだら前に進む勇気が出てきた。