ラインアンプの整流ダイオードをGaNに入れ替える その後2020年08月26日 20時47分58秒

GaNダイオードに入れ替えてから2週間経過。24時間通電しているわけではないので、エージングは道半ばである。

高い周波数域にエネルギースペクトルがわずかに偏っていて、聞いていて落ち着かない。以前ならこの微妙さには気がつかなかっただろう。今は、すぐに耳で聞き分けられる。

こうしてみるとInfineonの第6世代ダイオードもかなり実力があったと今更ながら感心する。あの音は、本当に腰が据わっていて、表情が豊かで、どんな音源であってもいつまでも聞いていたという気持ちになった。失ってから初めてすごさに気がつく。

ただGaNダイオードは、まだエージングの途上である。暑い日が続くが、じっと忍耐して熟成を待つことにする。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://john.asablo.jp/blog/2020/08/26/9282519/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。