支笏湖往復(2年ぶり)2020年08月03日 18時37分48秒

予報によれば、夕方から崩れるがそれまでは晴れ。8時30分に自宅を出発。風が強く、風速4~6m/sec。東または南から吹いている。目指すは支笏湖のポロピナイ。昨年は行けなかったので2年ぶりとなる。

真駒内に近づくに従い、支笏湖方面の山に低い雲がかかってくるのが見えた。風に飛ばされて雨粒も。不思議なことに、このコースは札幌市内が晴れいても天気が崩れることがおうおうにしてあって、十年ほど前のことだが大雨に降り込まれて難儀したこともあった。途中で引き返すことも考えたのだが、行けるところまで行こうということにした。

常磐駐車場でトイレタイム。ここでマスクをはずしてスタート。以前はこのコースを55分台で走っていた。おそらくそれはもう無理。今は、どこまで遅れをとどめられるかが目標となる。

途中、片側通行区間が2カ所。予想通り途中から路面が濡れてきて、霧雨状態。ヘルメットからしずくが落ちる。しかしビブが塗るまでではないのが助かった。

このコース、距離はそれほど長くはなくても、アップダウンが激しくて体力を消耗する。ペース配分を間違うと、途中でひどい目に遭う。専用の自転車道路が設定されていて初心者は心引かれるはず。しかしいったい何人が途中で敗退しただろうかと思う。

出だしは快調で、「ここから恵庭市」の看板が見えるところまでの登りはすいすいだった。しかしその先、じょじょに脚がなくなってきて、まったく無理が利かない。結局、ゴールタイムは1時間07分で、ここまで落ちたかと少しショックであった。
ポロピナイは、8月に入ってかき入れ時だというのに、写真のように閑散としていた。わずかに数家族がテントを張っていただけ。
ここで補給して復路へ。最初の登りは暑いときならば本当に死ぬかと思うことがある。幸いにして今日は、あっという間にオコタンペ湖分岐まで来れた。追い風になったので、途中のラルマナイ川までの下りでは71Km/hを記録。常磐まで戻ると快晴に。真駒内まで40Km/hを維持。ただしその先の小林峠の登りでは、水がなくなったのと、おなかがすいてきてハンガーノック気味になったので、全然力が入らない。ゆっくり行くことにした。小林峠でもう一度補給。少し頭痛がするので完全に水分不足。

家に戻るとすぐに妻が出てきて記念撮影してくれた。
今日も真っ黒に焼けた。あまりにも黒いので、昨日、ある人から「前か後ろ見分けがつきません」とのお言葉を頂戴した。これを聞いたときは、「裏表がない人間」と言われたような気がして、まんざらでもなかった(ああ、勘違い)。

試作10号 その4(水晶発振子 3個シリーズ接続)2020年08月05日 21時47分32秒

水晶発振子が本領を発揮するまでかなり時間がかかると聞いたことがある。普通の部品のエージング時間は、およそ500時間と考えるのが一つの目安である。ところが水晶発振子は、それを超えても変化し続けている。落ち着くまで24時間連続稼働でも半年はかかるのかもしれない。

ただ待つのも芸がない。気になっているところに手を入れることにした。
B電源の整流素子である。これまではまず正常動作を第一目標に置いたので、手元にあったInfineonのSic SBDを使っていた。写真がそれ。
裏面はこうなっている。左側の赤い基板がGaNを使った理想ダイオードブリッジで、ヒーターの定電流回路を構成している。
SiCダイオードをはずして、新しく入れたのがGaN(GS66502B)をダイオード接続したもの。今回は変換基板を使わず、そのままユニバーサル基板に直付けした。消費電流が少ないので発熱を気にする必要がない。念のため非接触センサーで温度を測定してみたが、室温とほとんど変わらなかった。
回路図にするとこうなる。
音はどうなったか。
入れ替えてから3日経ったあたりはひどかった。何か間違ったかと思うほど低い周波数域がでないで、高い周波数域にエネルギーが偏る。これはいつものことなので気にしない。今日でちょうど1週間経った。だいぶ落ち着いてきた。

予想はしていたことだが、SiCダイオードから大きな変化があった。一層音が透明になり、生々しさが増しただけでなく、同じフェーダー位置であるのに、音のエネルギーが押し寄せるように感じる。
音楽のジャンルは問わない。YouTubeであろうがCDであろうが、ストリーミングであろうが、この効果は全く同様である。

交換前、低音が膨らんで鈍さを感じていて、こればスピーカーのせいであろうと思っていたのが、コントラバスの空間を波のように漂うかのような雰囲気まで表現できるようになった。これを聞いて、以前までの音がわずかに歪んでいたことに気がつく。

GaNを使う場合、変換基板が必須で、その点が敷居を高くしていた。今回のように変換基板無しでも実装できるとなれば、だいぶ使いやすくなる。

朝里峠一周コース 雨で引き返す2020年08月13日 20時56分39秒

8月10日。朝、ゴミ出しで外に出たときお隣の車があったので、そこで初めて今日は祝日であることに気がつく。こちらは月曜が定休日なので、お上のご慈悲で月曜を祝日にしていただいてもまったく関係がない。

予報によれば札幌市内は曇り。ただ、雨雲が西から来ているので雨が降るかもと覚悟しながら朝里峠一周コースにでかけた。
東風が強く、小樽方向には追い風となって調子が良い。ところが張碓峠を越えたあたりから雨が降り出し、朝里温泉分岐交差点に来たあたりで本降りとなる。靴の中まで濡れたのは久しぶりである。
ここで引き返すことにした。

この日は体調は良く気力も充実していて、記録を狙えそうな予感があったのに、まことに心残り。
銭函あたりに戻ったら雨がやみ、金山から市内方向は路面が乾燥していた。
こんなときはざんざん降ってくれたほうがきっぱりと諦めがつく。ところが、降ったりやんだり照ったりと煮え切らない天気。やるべきことをやり残したようで一日落ち着かなかった。

午後から雨で汚れた自転車を掃除をする。チェーンをはずしてディグリーザーに漬け込んで汚れを落とし、チェーンルブ(乾燥タイプ)を塗る。

仕上げにワックスを塗る。ついでにリアディレイラー(RD)もきれいにしようとしたそのときである。RDが左右にぐらぐら動くではないか。固定ネジが緩んでいる。今まで15年近く走ってきて、こんなことは初めて。最近、RDの変速の調子があまりよくないことには気がついていて、調整ネジを右や左に回してみても、すっきりしないのでおかしいとは思っていたが、完全に見落としていた。

新品のRDを取り付けたのが2018年の春。シマノのRDにはきちんと緩み止めが塗ってあったはずだから、なぜこんなに緩んだのか不明。とにかく、長距離で走っている最中にRD脱落などという事故にならなくてほっとした。

ラインアンプの整流ダイオードをGaNに入れ替える2020年08月13日 21時45分59秒

実を言えば、ラインアンプの整流ダイオードは2018年春に一度GaNに入れ替えている。ところがその後、サークロトロンの開発途中、なんどもGaNを飛ばしてしまい、手持ちを全部なくしてしまったことがあった。運悪くちょうどそのとき、Mouserは日本国内でのGaN販売を停止していて、どうにもならない。窮余の策としてラインアンプからGaNをはずしてサークロトロンの終段に使ったといういきさつがあった。
そのとき、代替につかったのがInfineonの第6世代ダイオード。これはこれで非常に満足していた。

しかし、真空管式クロック発振器の成果を目の当たりにしてしまうと、究極を目指してくなるのが人情。もういちどGaNに入れ替えることにした。
それがこの写真。
ついでに現在のラインアンプの内部風景。

このGaNは以前、ロシア製水晶発振器の電源に使っていたのでエージングは済んでいるはずと思った。ところが、入れ替えた直後も次の日も音が悪い。Infineonダイオードの時は心が踊るような音が出ていたのに。。。期待が大きかっただけに、気持ちが暗くなる。

どうしてか。ロシア製水晶発振器の電源に使っていたときは、AC12Vの電圧だった。今回はAC120Vである。使用電圧が一桁違うとエージングは最初からやり直しなのかもしれない。

ラインアンプは一日4時間程度の稼働なので、熟成には時間がかかる。入れ替えてから一週間経過した今日、当初よりもだいぶ良くなってきているけれど、まだまだいけない。忍の一字である。

朝里峠一周コース 2題2020年08月26日 19時59分28秒

8月17日。
風は全体にアゲインスト。最高気温は30℃。ロングボトル2本では足りず、途中で豊滝除雪ステーションに寄って水を1本分補給。それでもたりなかった。
リザルトは3時間28分20秒。よく健闘した。

8月24日。
体重を落とすために脂肪を燃焼しやすいよう、あまり頑張らないで心拍数を抑える走りに切り替えた。
この日も最高気温は29.5℃。本州の人に比べたら涼しいでしょうということかもしれないが、やはり暑い。
風は、藤野あたりまでアゲインスト。しかしその後石山通に入ってから最後まで追い風。今回も豊滝除雪ステーションで水を追加補給。多いかなと思うくらいだったが、結果的にちょうど良かった。おかげで脱水症状にはならなかった。とにかく水は多めの補給を心掛けるのがよい。
リザルトは3時間24分15秒。頑張らない走りだったので、30分を超すことも覚悟していたので、意外だった。もしかして今までは前半から飛ばしすぎて全体のペース配分が間違ったいてのかもしれない。

朝里ダム記念館から朝里峠定山渓側駐車場までのラップタイムは、34分30秒で、やっと35分を切れたのはうれしかった。もう少し涼しかったら、33分台を狙えたかも(とらぬたぬき)。