Laptech水晶発振器+オーブン 波形観測2019年12月24日 10時00分29秒

昔、生涯アナログいのちと誓っていた私だったが、もろもろの事情によってデジタルに宗旨替えしたのがおよそ20年前である。

そのときPaul Winserが書いたCD Jitterを読んだことがきっかけで、発振器とDACの関係について考えるようになった。ただ低位相雑音の発振器は専門メーカーの独壇場であって、個人で優れた発振器を作ることなど夢にも考えたことはなく、前掲書の記事をまねしてECLを使った発振器を作ったのが唯一である。ただ、そのときはまともなオシロスコープも持っていなかったせいもあり、そこで終わってしまった。
終わってしまったのにはもう一つ理由があって、発振器は高周波屋さんの世界で、「アマチュアオーディオをやってきました」というような技術レベルではまったく太刀打ちできず、どうしても腰が引けてしまうのである。

しかしアンプやDACだけいじっていても限界があって、結局は発振器に手をつけない限り、これ以上の改善は望めないと言うことも否定できなくなってきていた。こうなると、老体にむち打ちながら慣れない世界に足を踏み入れるて恥をさらすしかなくなる。

DDCはI2SoverUSBの初期バージョンを使っている。このDDCは私の理想としている機能をすべて実現しており、USBとDACをグランドから完全に分離していること、リクロックをかけて外部に信号を出していること、そして外部クロック入力端子があることである。ちなみに、最新バージョンはもっと進化しているらしいので、いつか入れ替えたいと思っている。

前回は水晶発振器本体の出力部での波形を観測したが、これでは実際どう伝わっているのかわからない。そこでDDC外部入力端子での波形を観測した。
I氏からもご指摘があったように、やはりリンギングが残っていて決して理想状態ではない。

ライズタイムは、オシロスコープの計測によれば1.4nSecと出ているがどこまで正確なのかは判断しかねる。

コメント

_ Bunpei ― 2019年12月28日 19時20分30秒

オシロの波形を拝見するとデューティ比が50%ではなく、もしDCオフセットを除去して見たら+側と-側が対称では無いように見えるのですが、そこは気にかけておられませんか?

_ Kon ― 2019年12月30日 16時46分39秒

Bunpei様

お久しぶり。その節は大変お世話になりました。
さすが鋭いところをご指摘いただきました。
実はあの写真を掲載した後で、一つの間違いに気がついていました。
発表されている回路には、デューティー比の設定に関して二つのオプションがあり、そのうちの一つを選ぶようになっているのですが、私はそれを見落として両方を回路に入れ込んでいました。その結果、50%にならなかったようです。
先ほど回路を修正して波形を観測しました。その結果は次の記事に掲載します。

このプロジェクト、元をたどるとBunpei様に火をつけてもらったようなもので、あれがなかったら今のレベルには到達することはできなかったでしょう。未体験の道を切り開くのは大変ですが、おかげさまで少しずつノウハウを習得しつつあります。
重ねて御礼申し上げます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://john.asablo.jp/blog/2019/12/24/9193284/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。