Audirvana 3.52019年10月17日 21時14分18秒

これまでAudirvana Plus(2.X)を使っていたのだが、ずっと以前からAudirvana(3.X)がリリースされていて気にはなっていた。コストをかけてまであえて乗り換える必要を感じていなかったので、そのままとしていた。

しかし、つい最近ストリーミング・サービスの試用を始めたところ、2.Xの使いづらさに閉口してしまったことをきっかけに、やっと重い腰を上げて3.Xを試してみることにした。ストリーミング・サービスの話はまたいつか別のところで話すことになるだろう。

周囲からは、3.XではDirect Modeが設定画面からなくなっているかのような噂が聞こえていたので、実を言えば音もかなり悪くなっているのではと疑っていた。

ところが試用版をダウンロードしてみて驚いた。Direct Modeの設定スイッチが健在なのだ。ただし、これは私の環境でのことであるかもしれない。ちなみにOSは10.14.1 Mojaveのままで、Direct Modeが活性化されるようMacのシステムの一部に手を入れた状態であることを断っておく。

音を比べてみた。
2.Xと3.X、やはり微妙に違う。2.Xを聴いた後で3.Xを聴くと、高音がややおとなしい印象。ただ解像度が落ちたとか、音が団子になったとかという印象はない。2.Xの方がやや高音を強調していて派手さがあると、比べてみて初めてわかった。どちらが良いかはほとんど好みの領域かもしれない。

使い勝手は3.Xは抜群に改善されていて、これでやっと大量のライブラリーを自由自在に検索して、自分の聴きたいものを手元に収集できるようになった。

音の違いについてはもう少し時間をかけて比べてみたい。