Circlotron3 改版2019年08月02日 19時55分50秒

猛暑のニュースが連日報じられるなか、当地も負けずに暑い日が続いている。先日は、三日連続熱帯夜が続き、観測を始めて以来の記録になったのだとか。我が家にはエアコンがないので自然冷房が頼り。熱中症にかからないよう、水分補給はこまめに。。

こうなると半田ごてを握ろうという気持ちにはなれない。ああして、こうしてというアイデアが頭に浮かんでも前に進まない。

それでも昨夜はとうとう意を決して半田ごてを握った。
理由はひとつ。Circlotron3の音が堅いのである。最初はエージング不足のせいだろうと高をくくっていたが、いつまでたっても変わらず、これは根本的に何か問題があることに思い至った。

実を言うと完成直後から気になっていたことがあった。アイドリング電流を目標値のIo=800mAに設定しようとすると、GS66502Bのゲート・ソース間電圧は Vgs=2.7Vとなる。そのためにはWE420Aのプレート電流が1.35mAでなければならない。Vp=300Vでなんとか流れたが、この真空管の限界を超えている。おまけにカレンミラー素子の電力消費量も大きくなり、発熱のためドリフトも無視できなくなる。おそらくこれが原因で音が堅くなっているものと推測。

対策は簡単である。G-S間の抵抗を1KΩとしていたものを2.2KΩにすればWE420Aのプレート電流は613uAに抑えられて、余裕のある動作が期待できる。おまけに発熱も劇的に抑えられるのでドリフトも少なくなるはず。

肝心の抵抗のことだが、ここはどうしてもVARにしたいところ。すでにTexas Componentsには注文してあるのだが、いまだに工場から出荷されずバックオーダーに入っているようだ。と言っても、到着を待ちながらこのまま我慢して聞き続けたくない。手持ちの抵抗で応急措置をするしかない。音に癖があって使いたくはないのだが進抵抗を持ち出した。

抵抗を入れた後、アイドリング電流と出力のオフセット調整となる。アイドリング電流は680mAとした。オフセット調整は非常にスムースでドリフトがほとんどなく極めて安定している。これには驚いた。
B2電圧は300Vから160Vへと大幅に落とした。それにともないVp-k電圧は157Vとなった。

さて音はどうなったか。予想は的中。あれほど耳に突き刺さり、心にも突き刺さった音の堅さは消散し、音のエネルギーが低い周波数域に美しく広がる。音に芯があって、Amazing Circlotronで感じた抑圧感などみじんもない。自由でありながら荒れところや奔放なところもなく、静かである。音に独特の粘りのようなものを感じるのは初段にWE420Aを採用したためであろうか。あるいは、出力段に採用したGaN素子(GS66502B)の色づけが非常に少なく、初段の良さが存分に発揮されているためと考えることもできる。 とにかくこの音は味わい深い。一年間苦労してきた甲斐が十分にあった。
こうしてCirclotron3本来の実力が発揮されたわけだが、これを進抵抗ではなくVAR抵抗にしたらどんな音になるのだろうか。

今後の作業予定。
  1) VARに入れ替え
  2) WE420Aを定電流点火にする(すでに回路は完成済み)