朝里峠2019年06月04日 21時49分54秒

空を見上げると薄い絹がかかったような青空。やや風があるが強くはない。あとでわかったのだが、この日の最高気温は29℃だったそうだ。ただ、湿度がないので風はさわやか。午前9時前に朝里峠を目指して出発。

10日ほど前、リアのVittoria Corsaチューブラーがスローパンク。目視ではパンク箇所がわからなかったので、水に入れるとサイドからぷくぷく小さな泡が出ている。予備の練習用チューブラーに交換。真円度があまりよくないので、回転するたびにコツンコツンと感じるところが値段相応である。

さて国道に出て小樽方向に向かうと、追い風基調。おかげで朝里温泉分岐交差点のラップタイムが45分40秒。
しかし前日の仕事の疲れが身体の芯に残っているので、登り坂になるとガクンと速度が落ちる。調子がよいときは身体が軽く感じられるのに、きょうは重くてしょうがない。実を言うと、朝目が覚めたときには、やる気が出ないので今日はどうしようかと迷ったほどだった。

途中、前方にローディ発見。久しぶりである。追い抜きながらお相手を拝見すると、驚いたことに私よりも年齢が上のご様子。定山渓に降りてからも、やはり一台のローディを抜いた。このときも私よりも上の方とお見受けした。この世界も高齢化が進んでいるのかも。

さて朝里峠まではよたよた登ったのだが、下りにかかるとなんとなく速度が維持しやすい。順調に国道230号線に出る。ここまでのラップタイムは2時間20分。ここで3時間30分切りを確信。

その先は追い風基調で助けられる。リザルトは3時間24分50秒。久しぶりに25分を切った。完全に風のおかげ。

家に戻ると妻が、おいしい天ぷら冷やしうどんを作って待っていてくれていた。

Circlotron3に改訂2019年06月04日 22時36分45秒

いったんは出口にたどり着いたかに見えたCirclotron2であったが、だんだん問題点が明らかになってきた。

出力電圧ドリフトについては、DCサーボでなんとかなる見込みはあった。
しかし、しばらくNS-10 PROで試聴した後、大型SPにつなぎ替えたところで問題が発覚した。盛大に発振するではないか。それがおもしろいことに片側だけ小型SP、もう片側を大型SPにすると、発振しない。両方大型SPにしたときだけ再現する。

いろいろ考えたが、結局オープンゲインが大きすぎて発振余裕度がなかったためと推測。このスキームにこだわる限り解決不能と判断。あれもこれもと思う余り、回路が複雑になりすぎたと反省。

そこでシンプル路線に戻ることにした。オープンゲインには適正な値があるのだろう。そこでAmazing Circlotronを参考にして同程度のオープンゲインとクローズドゲインを目指した。

この回路、また定電圧回路を使うことになる。分解せずにとって置いておいてよかった。

朝里峠2019年06月13日 22時39分07秒

10日の休日、午前中は妻の用事を手伝い、午後から朝里峠に向かった。午後から朝里に向かうのは、最近珍しい。

どうせこんなときは、調子はあまり出ないだろうと期待はしていなかった。それで最初から飛ばそうとは考えず、むしろ抑え気味にしながらのこぎ出しだった。

ところが風のおかげもあってか、なんだか身体が動く感触。朝里温泉分岐交差点をラップタイム46分台で通過。その先にある朝里ダム手前にあるループ橋も頑張っているわけではないのに20Km/hで走れる。峠まで上り坂はいつもの通り。峠を越すと曇天となり、雨がポツポツ降ってきた。濡れたくないので、とにかくトンネルに早く着きたいという思いが勝って速度維持を心がける。幸い、定山渓に降りてきた乾燥路面になり、その後雨は降らなかった。定山渓国道分岐交差点のラップタイムが2時間21分。この時点で、3時間30分切りを確信。あとはどれだけ縮められるかにかかる。

風は追い風基調で助けられる。集中力も自分でも驚くほど。脇目も振らず、ふらふらもせず、ちょっとした斜面も羽が生えたように登っていく。

結局リザルトは3時間20分50秒。おそらくこれまでのベスト更新。風が味方してくれたのと、一年に一度あるかどうかというほどの集中力のおかげ。不思議なことだが、ときどきこういうことがある。

鹿と一緒に朝食2019年06月13日 22時51分53秒

今日の出勤時間はいつも遅くてよかったので、朝食を妻と一緒にゆっくりと食べていた。窓の向こうには、公園の丘陵に広がる草地が見えていて、鹿さんが来ないかなとウォッチするのが最近の習慣になっていた。

そうしたら突然現れた。それも雄鹿3頭に、子供鹿1頭が。ただ、子供の方は笹の葉に隠れて見えていない。前回見たときに比べてずいぶんと角が立派になっていた。

妻は早速、本州に住んでいる息子の嫁さんへ写真を送っていた。

Circlotron3 基板完成2019年06月13日 22時58分25秒

1, 2, 3と改版してきたCirclotronプロジェクト、数字は基板を何度作り直したかを表している。秋月電子から出ているユニバーサル穴あき両面基板はすこぶる便利で、いつも重宝している。今回は、基板用の9ピンソケットが入手できたので、これを使っている。やはり基板には基板用ソケットが使いやすい。メーカーはBelton。これは食いつきがよくて造りの精度もよく、私としては気に入っている。

今日は300V定電圧基板をインストールして、出力電圧を確認するところまで進んだ。明日以降にこの基板を接続して初段部分の動作実験を行う予定。