朝里一周コース また抜かれる2018年06月05日 20時54分58秒

6月4日(月)、定番の朝里一周コースに出かける。
天候は快晴。気温は今シーズン最高の28℃。風は強くない。絶好のコンディションと言いたかったが、先週から風邪を引いて喉が痛い。熱はないが今ひとつ前向きになれない。しかしここで走りに出かけなければ絶対に後悔することもわかっている。無理をせず、今回は完走を目指すことにした。

風は東から吹いていたので、小樽方向に向かう場面では大いに助かった。おかげで朝里温泉分岐交差点までのラップタイムは43分と、これまでの最短となった。しかし途中悲しい出来事もあった。

銭函交番の手前にある交差点の信号は赤。スタンディングしながら待機して青信号でスタート。ここで後ろにローディがいる気配を感じる。追い風なので23Km/hで行ければ私としては上出来と思ってこの速度を維持していたところ、途中であっさりと抜かれてしまった。お相手は27Km/hは出していただろう。サングラス越しに見えたお顔は二十代か。追いつこうにもまったく歯が立たない。あっという間に姿が見えなくなった。勝負の世界の厳しさを痛感。

体調が今ひとつだったことに加えて精神的な痛手もあったせいで、朝里の本格的な登りでもまったく戦意がわかず、力も入らない。ちんたら登っていたら前方にローディ発見。サンデーライダー(正確にはマンデーライダーか)と認識。途中で横に並んで声を交わす。お相手は峠付近で引き返す予定とか。「お先に」と言って前に出た。いつもなら12〜13Km/hあたりでがんなるところが、今回は10Km/hしか出ない。気がついたらさっき追い越したはずのローディが後ろについている。トホホ。今日は全くついていない。気を取り直して最初のトンネルまではなんとか集中しようとがんばったら、後ろには誰もいなくなっていた。ただ、体力は限界、頂上までは流していく。

定山渓側の駐車場前までのラップタイムは1時間42分。このあと四峰トンネルまでは順調に飛ばしていく。ただしトンネル手前から向かい風が強くなり30Km/hを下回った。トンネルは片側交互通行になっていた。定山渓に降りて迂回路にまわっていつもの国道230号線との交差点までのラップタイムは2時間22分。かなり微妙。この先、予想通り向かい風が続く。藤野の荒れた路面も相変わらず。表面のアスファルトを削ったままで、かれこれ数ヶ月間もほったらかしのまま(多分いろいろな事情はあるのだろうが)。

川沿交差点までのラップタイムは、2時間54分(だったと思う)。結局自宅までのゴールタイムは3時間29分19秒。かろうじて30分を切った。気温が高いとはいえ、湿度がないのでそれほど不快ではなかった。ボトルの水は全部飲みきった。朝食をたっぷり摂ったため途中の補給はしなかった。ただ、脇腹が痛くなる場面があったので、経験的には前夜にたっぷり食べておく方が良いように思う。
風邪気味の状態の中では健闘した方なのだろうが、なんだか複雑な後味が残ってしまった。

中華ライト改造2018年06月05日 21時30分52秒

ロードバイクでは、夜間走行はもちろん、トンネル走行に備えてライトは必携である。以前は国産の有名どころを使っていたが、数年前に中華ライトに乗り換えた。が、本当にこのライトには手を焼いてきた。大事な場面で点灯しなくなることが何度あったことか。そのたびに放り投げたくなった。

不具合の原因は複数であった。スイッチ部分の接触不良、半田付けの断線、そして極めつけはLED基板とケースの接触不良である。このライトは計算によると約1.6Aの電流を流す設計になっている。いっぽう、このライトは電流経路が実に複雑かつ不安定な多数の接触点によって構成されている。最初は問題がなくても、使っているうちに徐々に接触面に絶縁層が形成され、ちょっとしたショックで回路は遮断される。特に自転車のように振動の激しい使い方では致命的である。

対策した。従来、LED基板のグランドはアルミの筐体ケースに接触するだけになっていたものを、写真のように銅箔をグランド面に半田付けし、これを後端のスイッチユニットまで延長する。
銅箔はねじ切り部分でスイッチユニットと接触するようにする。完全な対策ではないが、今のところ安定動作している。

「だめだ」と決めつけるのではなく、良いところを認めてあげて弱いところを補う。まるで人を育てるのと同じだった。

KT88(三結)ppアンプ 固定アイアス電源その後2018年06月05日 21時57分53秒

固定バイアス電源の整流にGaNを投入してからだいぶエージングが進んできた。当初の堅さがほぐれて、のびのびしてきた。

結論から言うと、以前のInfineonのダイオードの音から大きな変化があった。変化の仕方はほかの箇所に使った場合と全く同じで、音が雄大となり眼前に音が噴出してくる印象がある。また低音域も拡大し、楽器や人の声の雰囲気が一層生々しくなる。

良いことずくめだが、GaN素子一個で理想のアンプができあがるわけではない。ほかとのバランスがある。このアンプは、おそらく出力トランスの影響なのだろう、高い周波数域の押し出し感が一歩不足する。これさえあれば相当のものだと思うのだが、惜しい。大先輩たちのDynaco MK3の評価の中に「雄大なピラミッド型の音」というのがあったが、言葉を換えれば出力トランスの設計が古いため、高域が速く減衰しやすいということだろう。以前も書いたように、GaNはシステムの弱点をさらけ出してしまう怖さがある。

300Bシングルアンプを固定バイアスで作りたいとの計画を以前から持っていた。この音を聞いてしまった以上、固定バイアス電源にGaN以外のダイオードを使うことなど考えられない。

その前にCirclotronの真空管バージョンを作らなければならないのだが、徐々に当地も暑くなってきたので手をつけるのはもう少し先になるかもしれない。

こんなところにりんご園が(驚き)2018年06月06日 20時41分06秒

先日、朝里峠一周コースを走り終わってから、せっかくだから妻とどこかに行こうという話になり、宮の森緑地に出かけることにした。

この緑地の入り口は本郷新記念札幌彫刻美術館の前にある。そこには、隣の敷地にある樹木を借りて天に昇るかのような藤棚があった。その先10メートル進むと左手に広大な畑が広がっていた。初め目を疑った。こんなところに畑があるとは。。見るときちんと畝が築かれていてビニールもかけられている。鳥の声が森に吸い込まれていく。時間が止まる。

緑地を一周するのにはそれほど時間はかからない。立派なお屋敷を外から見学しながら、このような家に住むことのなかった我が人生が幸せであったのか不幸であったのかを妻と論じる。友人の別宅玄関先に駐めさせていただいた庶民の車に戻り、帰途についた。

ふと思いついて、三角山登山口のあたりを一度見たいと思っていたので幹線道路から左折し、狭くて急な斜面をゆっくりと登っていった。すぐに介護施設やら病院が見えてくる。驚いたのは、その先である。りんご園があるではないか。それもかなり広い。こんなところにあるとは知らなかった。 この風景を見ると、生まれ育った岩手の実家を思いだし、懐かしくなってくる。三つ子の魂百までも、か。

きょうも朝里峠一周コース2018年06月12日 20時50分37秒

6月11日、天気予報によれば朝方晴れだが徐々に曇ってきて夕方には雨とのことだったので、崩れる前に帰着できるよう早めに出発した。

風は強い。南東の風8m/sec。気温は最高気温で16℃。日差しがないと本当に寒かった。ところどころでアームウオーマーをつけた。

朝里温泉分岐交差点までは、追い風がアシストしてくれたので42分で通過。ダム記念館あたりまではほぼ無風。魚止めの滝を過ぎると強烈な向かい風に悩まされる。10Km/hを維持するのもやっと。

最初のトンネルを通過して、次のトンネルに向かっていると、前方に二台のローディを発見。後ろ姿から結構苦労している様子。程なく追いつく。見ると前方の方は顔のしわから推測して七十代か。後ろの方が三〜四十代くらいで前の方をアシストしておられる様子。あの年齢で峠に挑戦する勇気を持つとは。。私は将来そんな元気が残っているだろうか。しばし考えさせられた。

そこうしているうちに頂上のトンネルが見えてきたが、向かい風でどうにも速度を上げられない。結局、記念館から峠駐車場までのタイムは36分超。よく健闘した方だろう。

下りも速度が上がらない。特に四峰トンネルが見えたあたりから向かい風が強くなる。定山渓に下り迂回路をまわって国道230号線に出る。いつもの分岐交差点までのラップタイムは2時間22分(記憶はあいまい)。

この先も忍の一字。雲行きが怪しくなり雨がぽつりぽつりと降ってきた。おまけに気温が出発時よりもっと下がっている。手足の指先がしびれて感覚がなくなってくる。赤信号で停止している間、手のひらを太ももにつけて温めていた。

川沿に出てからは追い風になって助けられる。寒いので身体が動きづらいのだが、40Km/h以上の速度を維持できた。北一条通に出たときに3時間30分切りを確信。ゴールタイムは3時間26分40秒。全体から見れば、風はよい方向に作用してくれたようだ。

ところで今回のテーマは、アイウエア。これまで普通のめがねをかけていたのだが、どうしても風に弱くて速度が上がると涙目になって具合が悪かった。特に気温が低くいときはなおさらである。とは言いながら、有名どころの度付きサングラスは手が出ないので我慢してきた。

ところが最近中国製の度付きサングラスが大量に出回っていることに気がついた。Ama○○でも売っている。値段は信じられないくらい安い。でもこればかりは実際見てみないといきなり手は出せない。

と思っていたら、市内の眼鏡屋さんがレンズ付きで8100円で売っているのを知って、喜び勇んで買いに行った。かけてみるとそこそこである。めがねの処方箋をすでに作ってあったので、1時間以内にできあがった。

実際に使ってみた感想。最初、レンズとまつげが接触して若干違和感があったが、慣れの問題。それから、サングラスのレンズの顔面側に光が反射して、若干映像が映り込むのが気になったが、これも値段相応と思えば納得する。一つ注意しなければならないのは、めがねレンズがサングラスフレームのカーブに合わせるため、普通のフレームと違って左右の角度がきつくなる。その分、見え方に違和感が出る可能性がある。眼鏡屋さんでよくチェックした方が良い。店員さんもしきりにそのことを確認するようにと言っていた。

走ってみて何の不安も感じなかった。もちろん風で涙目になることは皆無。良い買い物だった。