今年一年を振り返る オーディオ編2017年12月31日 20時52分16秒

振り返れば、多くの変化があった。
最も大きなことは、GaussのHF-4000が来たことだろう。最初、入手したものを開けたときは少々がっかりした。程度があまり良くなく、案の定、使っているうちに異音がしてきた。自力で対応が難しいと判断し、とあるところに修理を依頼した。戻ってきたので恐る恐る音を出してみると、当たり前だがまったく問題がない。元気に活躍中である。

中音が充実してくると、高音が不足する。これもある方のアドバイスで、YAMAHAのJA-4202を手に入れた。Westcapの0.1uFだけので簡単なHPFで音を出している。ネットワークもいろいろいじったが、複雑になるほど音が死んでいくことを経験した。結局、必要最小限で構成した時が、最も音が活き活きと鳴っていた。ネットワークについてはまたいつか書くことになるだろう。

次はサークロトロンに挑戦したことか。サークロトロンと言っても、出力段にGaN素子を使っているところが自慢である。ただしGS66502Bは、安全に使用するための放熱の確保が難しい。結局、アルミ基板にまで手を出すことになリ、これは来年の課題になっている。

その次は、我が家に真空管パワーアンプがやってきたことか。これまで数十年前に一度だけ、知り合いから一週間だけ真空管パワーアンプをお借りして聞いたことがあった。出力管の名前は覚えていないが、形状から6CA7あたりだったかもしれない。そのときはK式アンプに執心だったので、宗旨替えは踏みとどまった。

しかし、真空管パワーアンプを知らずにオーディオ人生を終わるのはつまらない。思い直して今回Dynaco MK3を手に入れた。最初はボケた音でピンとこない。そこで改造することにして、いろいろ手を入れた。おかげで真空管アンプについていろいろなことを学ぶことができた。
そして掉尾を飾るのはオーディオアナライザーVP-7723Aである。これまで何度も書いたが、修理にはいろいろ手を焼いた。もうだめかと諦めかけたことも何度かあった。なんとか正常動作にこぎつけたのは故障が複雑でなかったというだけで、ラッキーとしか言いようがない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://john.asablo.jp/blog/2017/12/31/8759166/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。