Circlotron サークロトロン近況2017年05月31日 21時32分02秒

現在エージング中。LEDランプを配線していないので通電しているのに光っていない。

音はまだこなれていない。特に電源トランスはエージング不足だと低音がすっぱり切り取られる傾向があるので、全体にバランスが整っていない。しかし、それでもこの解像度の凄さには目を見張る。昔、テレビのコマーシャルに「♪見えすぎちゃって困るの〜」というのがあったのを思い出してしまった。(これは50代以降の人にしかわからないだろう)

解像度が高く聞こえる場合、妙に高音がつっぱっていり、癖があったりして落ち着かなくなることもあるのだが、そうではない。静かでいながら、ダイナミック。透明でありながら、前に出てくる。今まで出そうと思っても出せなかった音だ。

とは言っても人間は欲が深い。これにもう少し旨味というか、こってりした雰囲気が加わればと、ないものねだりをしたくなる。やはり初段は真空管にすべきだろうか。次のアイデアがもぞもぞと浮かんでくる。これはもう性(さが)である。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://john.asablo.jp/blog/2017/05/31/8581630/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。