朝里峠へ今シーズン初挑戦2017年04月04日 21時47分10秒

4月初週にしては珍しく気温は高めに推移し、3日の最高気温は10度を超えた。道路の雪解けも進み、絶好の自転車シーズンを迎えた。今シーズン最初の遠出に出発。目指すは朝里峠。

と、威勢はいいのだが、なにしろ冬のシーズンはまともまトレーニングをしてこなかった。体重は58.7Kgにまで増えてしまい、ベストから3Kgも重い。実際走ってみると、体に切れがないし、加速もできない。

さて、道路は乾いていると思って走り始めると20m行ったところで道路一面に雪が!あまりにも天気が良いので、近所の人が家の前の雪を道路に出したらしい。そのまま恐る恐る通過。

このあと幹線道路の北1条通りに出て小樽方面
に向かう。いつものことだが、最初の500mは雪解け水でびしゃびしゃ。ゆっくりと通過。その後はほぼ乾燥路面だった。

どうせ無理ができるはずがないから、ベース走と決め込んで、心拍数を上げない走りに徹する。ダム記念館を過ぎてから始まる急坂でも時速10Km/hを切っても、こんなものだと焦らずに進む。

例年ならば高度を上げるにつれ、路肩に雪が積もっていたりする。きょうはどこも乾燥していた。ただトンネルの出入り口だけは気をつけないといけない。一部凍結していた。そんなことがあるので、この季節に定山渓側にあるトンネルを走る勇気はない。向こう側に降りていくのは今月下旬になってからと思っている。

そうこうしているうちに朝里峠頂上のトンネル着。ここでUターン。まだ体がなれていないので無理をせず速度を抑え気味で。

国道に出て札幌方面に向かってすぐに張碓峠の登りに取りつく。妻にも笑われるくらい筋肉がなくなった足でどこまで頑張って登れるか不安があったが、意外に息も苦しくなることなく足が回った。

ただ足に疲労物質が蓄積してくると、ちょっと力を入れただけで痙攣が始まりそうになる。だましだまし自宅まで無事に帰還。

ホッとしたそのとき異変が起きた。ペダルからクリートを外して左足を地面におろした瞬間、強烈な痙攣が右膝上内側を襲ってきた。思わずうめき声が出た。1分ほど動けない状態に。もし近所の人が見ていたら、実におかしな格好をして不思議に思ったに違いない。

シーズン最初にしてはよく走れたのは、気温が高めで少し汗ばむくらいだったせいもあるだろう。手足も冷えることなかった。水はきっちりと1リットル消費した。

4月10日は支笏湖 そして4月17日は朝里峠2017年04月17日 21時08分41秒

記事がたまってしまったのでまとめて書く。

4月10日は久しぶりに支笏湖へ向かった。ただし、オコタンペ湖分岐まで。体は重いし、筋肉もまだ落ちたままなので苦戦することは承知の上。

天候はこの時期としては非常によく、気温も高め。ただし、ウインドブレーカーと冬用シューズカバーは着用した。

道路はほぼ乾燥状態。ただし、路面の状態は良くない。大きなピットがあちらこちらに空いていて、気を抜くことができない。融雪剤を大量にまいていることや大型車両が意外に多く走るせいもあるのだろう。

常盤駐車場で用を足して出発しようとしたら、ある方が声をかけてくれた。おそらく付近を管理している市の職員だろうか。関心を持ってくれるとなんだかやる気が出てくる。

このコースは距離としては長くはないが、アップダウンが激しく、体力を消耗する。よくもまあ、こんなところに自転車専用道路を設けたものだと思う。青少年たちは何度このコースに挑戦し、何人が挫折しただろう。

他に特記事項はなし。たんたんと登り、下り、走った。常磐駐車場からオコタンペ湖分岐まで1時間。いやはや遅くて恥ずかしい限り。これだけ体がなまってしまったのだから、早く走れるはずもない。

ところで今回始めて往路で小林峠のトンネルを自転車で走った。以前車では一回走っている。あっけなく川沿川に出て拍子抜け。
復路は、もちろんとねんるは通らず小林峠を抜けていく。これからこの道は旧道と呼ぶことになるのだろう。以前はトンネルができたら小林峠はどうなるのかと危機感をもっていた。ところが今回走って、意外なことを発見した。車がほとんど通らないので、ここ静かに走りに集中できる。これはすばらしい。ただ、石ころやゴミのようなもの以前よりも多くなっているような気がするのは仕方がないところか。

つづいて本日の件。朝里峠に向かった。サイコンの調子が悪かったので記録はなし。
昨日まで急な仕事が入ってハードな状態が続いていた。腰、左足首、肩、頭が痛くて満身創痍。でも天気は快晴。少し迷ったが挑戦することにした。

走ってみると、意外に足が回るし、息も上がらない。風はやや冷たいが日差しが強く、気温もやや高め。走る環境としてはこれ以上のない理想状態。

朝里ダム記念館の駐車場は除雪されていた。記念館はまだ閉鎖されたまま。大型連休にはオープンするのだろう。その他特記事項なし。

峠のトンネル手前の駐車場でUターンして自宅に向かう。今回は足がつることもなく平穏無事の帰還。帰ってきたら、体の調子が非常に良い。走ってよかった。

Circlotron サークロトロン その後2017年04月17日 22時00分53秒

サークロトロンは、その後いろいろとスクラップ・アンド・ビルドを繰り返し、試行錯誤状態が続いている。

回路は単純だから、それなりに動作はする。しかし、こまかな改善点が見つかって、その対策を考える。ある意味では失敗の連続でもあるが、それによってGaN素子(GS66502B)の性質が見えてきたり、サークロトロンの要点がわかってくるから勉強になる。

途中経過は省略して、現在の状態は写真の通り

実は左右のチャンネルで回路が異なる。左はトランスを使い、右はJFETを初段に使っている。ゲインが違うのは仕方がないが、意外なことに、それほど大きな音の違いがない。おそらく終段の素子が音に対して支配的なのだろう。

現在の試聴風景。

使っているスピーカーはダイヤトーンのフルレンジP610。これが予想外にいい音をだす。音が弾む。「P610って、こんなに低音が出て、ダイナミックだったろうか?」と、信じられないくらいのいい音だ。後のホーンシステムがなくてもいいのでは、と一瞬思ったりする(笑)

まだ回路をいじっていく予定なので、ホーンシステムに接続するのはもう少し先になる。とにかくフルレンジでこんな音が出るのだから、おそらくメインのパワーアンプに置き換わるだろうと予想している。それほどの可能性を秘めた音だ。

Eckmiller MR90 フェーダーボックス完成2017年04月21日 18時28分31秒

某工房さんに1月にお願いしていたフェーダーボックス。先日やっとできたと言って届けてくれた。

早速、図面と照らし合わせてサイズを確認。ピッタリで間違いなし。頭で描いていたイメージと全く違わない。SketchUpで3次元図面を書いていたおかげだろう。

ところが問題発生。ノイトリックのコネクターをはめようとしたら入らない。ノイトリックが出している図面を見たら直径が2mm不足していたことが判明。ツメの甘さを露呈した。ノイトリックのコネクターは複雑な形状をしていて、本体部分はすっぽり入るのだが、出っ張り部分が邪魔をしている。その形に合わせてボックス側を彫刻刀で削ることで解決。

EckmillerのMR90を載せ、Western Electricのワイヤーで配線して無事完成。記念撮影をする。


4月24日 朝里峠一周コース2017年04月26日 20時21分52秒

今シーズン初めて朝里峠一周コースに挑んだ。
天気晴朗なれども風はやや強し。気温11℃。もう少し暖かくなれば快適だが、寒くはない。半切りグローブが使えたので、ブレーキ操作やギアチェンジ操作のストレスがなくなったのは嬉しい。

風向は最初東から吹いていたので、追い風基調でスタート。しかし、すぐに路線バスの後ろについたので、じっとがまん。50分台で朝里温泉分岐交差点を通過。

朝里温泉手前の高速道路工事は、橋桁がつながり順調に工事が進んでいるようである。便利になることは結構だが、風景が人工的になっていくのは少し寂しい。

峠までの上り坂はいつものようにゆっくり。峠のトンネルに入ると入口付近の路肩に雪がまだ残っていた。峠を通過すると、毎度のことだが向かい風に変わる。朝里国際スキー場を右に見て快適にダウンヒルを楽しむ。スキー場はまだ営業していて、結構な人数で賑わっていた。

スキー場を超えて四ツ峰トンネルまでは、最も大好きなコース。木漏れ日の中を単独で風を切りながら右に左にカーブを切りながら下っていく。途中、渓流を何度か超え、変化に富む。定山渓天狗岳の威容右に見えたら、トンネルである。ここから先、定山渓まではひらすら向かい風を切り裂きながら進んでいく。

定山渓に出て国道230号線を東進、相変わらず向かい風。速度は出ない。川沿あたりから、また路線バスの後ろにつく。ずっとストップアンドゴーの繰り返し。バス停ではバスが発進するまで後で待機。北1条通りに出て左折してやっと解放される。しかしここも向かい風。

結局、走行時間3時間45分という結果。ベストタイムからはかなり遅れた。でも、周りに配慮しながら、安全な走行をすることが最優先なのだから、この結果で満足すべきである。