中華カーボンフレームのBBを交換する2017年02月04日 20時59分37秒

中華カーボンを手に入れたのが2014年2月。あれから3年間、フレームとしては大きな不具合もなく使い続けている。

細部の作りはやっぱり雑で、値段相応であるのは想定どおり。しかし、そこを知恵を使ってカバーしていくなら、結構おもしろい走りを体験させてくれる。

さてこのようにフレームはそこそこであるのだが、BBはいけなかった。このBB、フレームと一緒に購入したもので、たしかセラミックベアリングを使っているという触れ込みだった。値段も安いし、耐久性はあまり期待していなかった。

使ってみると、案の定2年経過した時点でペダリング時にわずかながら異音が発生。分解してチェックするのも面倒なので1年間放りっぱなしにしておいたのだが、チェーン周りの定期メンテナンスにあわせて今回BBの交換に踏み切った。

写真は、中華製のBB。なぜかSHIMANOの名前があっていかにもフェイクであることがわかる。手で回してみると、左側のベアリングがいかれていてゴリを感じる。

重量を測ったら97gもあった。新しくインストールしたのは、シマノ純正のSM-BB92-41Bで公式アナウンスによれば、重量は54gである。手で持っていてもその差は歴然であった。

実際にペダリングしてみると、頭が感知する以前にからだがすぐに反応するほど感触の差は明らかだった。ペダリングが急にうまくなったように感じて、回すのがおもしろいくらいだ。

やはり、BBは自転車の要である。決しておろそかにしてはならない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://john.asablo.jp/blog/2017/02/04/8350488/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。